尚益王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尚益王
琉球国王
在位 1710年 - 1712年

全名 尚益
烏帽子親 阿邦卿・伊舎堂親方守浄[1][2]
出生 1678年12月8日
死去 1712年8月16日(満33歳没)
王世子 尚敬
配偶者 別記
子女 別記
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚純
母親 聞得大君加那志(号・義雲)
テンプレートを表示

尚益王(しょうえきおう、1678年12月8日康煕17年10月25日) - 1712年8月16日(康煕51年7月15日))は琉球第二尚氏王統第12代国王(在位:1710年 - 1712年)。第11代国王尚貞王の孫、中城王子・尚純の子。

祖父・尚貞王代に魏士哲高嶺徳明が中国に渡り補唇術を学んだが、それは王孫・尚益が兎唇であったためらしい。伝承では、尚益は口髭を生やして傷を隠したため、その子らも父が兎唇であった事を知らなかったと伝えられる。

家族[編集]

  • 父・尚純
  • 母・聞得大君加那志(号・義雲)
  • 妃・聞得大君加那志(号・坤宏。父は毛氏伊野波殿内七世伊野波盛紀の四男・具志川親方盛昌)
  • 夫人・西之按司(父は国頭親方朝姿)
    • 宮城阿護母志良礼(号・慈雲。父は田場掟親雲上兼忠)
    • 知念阿護母志良礼(父は孫氏支流崎山筑登之親雲上嗣長)
  • 子女
    • 長男・尚敬、中城王子朝系(母は妃)
    • 次男・尚徹、北谷王子朝騎(母は妃。童名・真蒲戸金、号・原仁。1703年(康煕42年)8月6日 - 1739年(乾隆4年)2月18日。大村御殿二世。養子入り)
    • 長女・嘉手苅翁主(母は妃。美里殿内八世美里親方安承に嫁ぐ)
    • 次女・古波蔵翁主(母は妃。毛氏豊見城殿内十世豊見城親雲上盛邑に嫁ぐ)
    • 三女・冨盛翁主(母は慈雲。童名・思武樽金、号・惟芳。1704年(康煕43年)3月4日 - 1737年(乾隆2年)8月23日。翁氏支流七世佐久真親方盛胤に嫁ぐ)
    • 四女・内間翁主(母は慈恩。馬氏小禄殿内八世永本親雲上良隆に嫁ぐ)

脚注[編集]

  1. ^ 王代記[リンク切れ]』、38ページ
  2. ^ 阿姓家譜(前川家)・八世阿邦卿[リンク切れ]:康熙三十三年甲戌四月十五日 奉命任佐敷王子尚益公因御元服為御烏帽子親