尚絅学院中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尚絅学院中学校・高等学校
尚絅学院中学校・高等学校
過去の名称 尚絅女学校
尚絅女学院高等学校
尚絅学院女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人尚絅学院
設立年月日 1899年(明治32年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
文理進学コース
総合進学コース
学期 2学期制
高校コード 04507B
所在地 980-0873
宮城県仙台市青葉区広瀬町9-1

北緯38度16分3.2秒 東経140度51分22.9秒 / 北緯38.267556度 東経140.856361度 / 38.267556; 140.856361座標: 北緯38度16分3.2秒 東経140度51分22.9秒 / 北緯38.267556度 東経140.856361度 / 38.267556; 140.856361
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

尚絅学院中学校・高等学校(しょうけいがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区広瀬町にある私立中学校高等学校(併設型中高一貫校)。通称は「尚絅学院」(しょうけいがくいん)、「尚絅」(しょうけい)。

なお、熊本県にある尚絅中学校・高等学校尚絅大学尚絅大学短期大学部とは無関係である。

概要[編集]

キリスト教プロテスタント)教育を行っており、尚絅学院大学(宮城県名取市)は系列校である。

2003年に尚絅学院大学(男女共学)の開学に合わせて校名が変更されたが、本校は2008年の共学化により再び校名が変更されて現在の校名になった。

東北学院宮城学院仙台白百合学園などと同様に中高一貫校となっているが、中学校は少人数教育を導入しているため1学年20から30人と少なく、高等学校はその分大量に募集するため1学年260人前後を有している。

仙台市内の私立女子高等学校は近年、共学化が相次いでおり、尚絅学院も平成20年度から共学化された。残っているのは上記2校のほか、聖ドミニコ学院高等学校のみである(常盤木学園高等学校は音楽科のみ男女共学化)。

制服は女子はジャンパースカートに折襟の8つボタンジャケットである[1]。この制服は1950年に制定されたものである[2][3]。男子は男女共学化に際して制定されたもので濃紺のブレザーにチャコールグレーのズボンである[1]

沿革[編集]

  • 1890年 - アメリカ・バプテスト派の女性宣教師が、仙台・新坂通に家塾を設立[2]
  • 1892年 - 「尚絅女学会」を開校[2][3]。生徒は5名であった[2]
  • 1899年 - 私立学校令により、「私立 尚絅女学校」を設立[3]
  • 1942年 - 運営主体として「財団法人 仙台尚絅女学校」を設立し、校名を「仙台尚絅女学校」に変更[3]
  • 1943年 - 法人名を「財団法人 仙台尚絅高等女学校」に、校名を「仙台尚絅高等女学校」に変更[3]
  • 1948年 -学制改革により、新制高校の尚絅女学院高等学校を設置[3]。組織を中学部・高等部・専攻部とした[3]
  • 1951年 - 法人が、財団法人から学校法人に移行[3][注釈 1]
  • 1974年 - 「中学部・高等部」を「中学校・高等学校」に変更[3]
  • 2003年 - 法人名が「学校法人 尚絅女学院から「学校法人 尚絅学院」に変更され、校名を「尚絅学院女子中学校・高等学校」に変更[3]
  • 2008年 - 校名を「尚絅学院中学校・高等学校」に変更し[3]、中高一貫を維持しながら男女共学となった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年に現名称の「尚絅学院」となるより以前の、法人の名称変更については、出典に言及がない[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 制服 - 尚絅学院中学校・高等学校
  2. ^ a b c d 尚絅学院中学校・高等学校 沿革” (日本語). 尚絅学院中学校・高等学校. 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 尚絅学院 沿革”. 尚絅学院. 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。

関連項目[編集]