尭恕法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尭恕法親王
Prince Gyōjo.jpg
尭恕法親王像(妙法院蔵)
続柄 後水尾天皇第十皇子
称号 照宮、獅子吼院
全名 完敏(さだとし)
身位 法親王
出生 寛永17年10月16日1640年11月29日
死去 元禄8年4月16日1695年5月28日)(享年56)
父親 後水尾天皇
母親 園国子
役職 妙法院門跡
天台座主
テンプレートを表示

堯恕法親王(ぎょうじょ ほっしんのう、寛永17年10月16日1640年11月29日) - 元禄8年4月16日1695年5月28日))は、江戸時代前期の皇族後水尾天皇の第十皇子。母は園基音の娘・新広義門院園国子天台宗延暦寺別院妙法院門跡。幼名は照宮完敏(さだとし)。字は体素。号は逸堂

来歴[編集]

正保4年(1647年)12月尭然法親王の資として妙法院に入室。慶安3年(1650年)2月親王宣下を受け、8月得度して妙法院門跡を相続した。寛文3年(1663年一身阿闍梨・護持僧となり、10月天台座主に補任。同5年(1665年)7月二品に叙された。延宝4年(1676年)2月天台座主に還任したが、わずか半年ほどで辞任。同7年(1679年)11月三たび天台座主に補任される。元禄4年(1691年)11月寺内に隠居所の鉄龍庵を建てて移り住んだ。同6年(1693年)6月座主職を甥の公弁法親王に譲り、8月隠居の勅許を得て、以後獅子吼院と号した。同8年(1695年4月16日に隔噎(かくいつ、飲食物が喉に詰まる病気)のため薨去享年56。危篤でも普段と劣らない筆勢で遺偈を記し、自ら臨終の法事まで修めたという。同月25日法住寺に葬られた。

日記は『寛元録』『逸堂座主日記』とも称し、寛文3年から元禄8年まで32年間の自筆本が妙法院に現存する。

人物[編集]

天台教学の研究や経典の講習に専念し、『僧伝排韻』『五部大乗経捷径録』など編著は多い。詩歌や連歌、書道・絵画・挿花などへの造詣も深く、漢詩集として『逸堂集』が残る。特に絵画では狩野探幽から手ほどきを受け、後水尾法皇の寿像を多く手掛けたことで知られる。法皇からの注文を取り次いだ鳳林承章の日記によれば、顔の部分を尭恕法親王が描き、それ以外の袈裟や畳・御茵(敷物)などを探幽が描いたという[1]熊倉功夫 『後水尾天皇』 中公文庫) 。

脚注[編集]

  1. ^ 隔蓂記』寛文4年6月2日条