尹善道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尹 善道(ユン・ソンド、朝鮮語:윤선도、1587年6月22日 - 1671年6月11日)は、李氏朝鮮の詩人、歌人、文臣、政治家、性理学者。第1次礼訟論争における南人の強硬派の1人である。字は約而、号は孤山海翁、諡号は忠憲

著作[編集]

  • 『孤山先生遺稿』
  • 『別集』
  • 『薬和剤』
  • 『癬瘡薬』
  • 『蛔虫薬』
  • 『咳嗽薬』
  • 『腹虐神方』
  • 『牛疫神方』
  • 『五仙酒方』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 李徳一 著『党争で見る朝鮮歷史』2004年12月 石筆 ISBN 8980370369
  • 李徳一 著『宋時烈と彼らの国家』2000年9月 石筆 ISBN 9788934905028