尹徳栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尹徳栄
Yun Deok-yeong Portrait.jpg
尹徳栄(1910年、『朝鮮貴族列傳』より)
本貫氏派 海平尹氏
配偶者 金福緩

尹 徳栄(いん とくえい、1873年12月27日 - 1940年10月18日)は、李氏朝鮮末期から日本統治時代の朝鮮の政治家。純宗の舅にあたる海豊府院君尹沢栄の兄。

生涯[編集]

光緒20年(1894年)に式年文科に丙科で合格した後は、京畿道及び黄海道観察使や、鉄道院副総裁等を歴任した。姪の純貞孝皇后が皇后に冊封された翌年の隆熙2年(1908年)には侍従院卿に任命された。隆熙4年(1910年)の日韓併合条約締結の際には、弟の尹沢栄や閔丙と共に高宗を説得するなど、条約締結に尽力した事により、10月16日に朝鮮貴族として子爵に列せられた。

併合後は李王職賛侍、掌侍司長、朝鮮総督府中枢院顧問、経学院大提学、王公族審議官、貴族院議員を務めたほか、晩年の昭和15年(1940年)には中枢院副議長に任命された。

死後の評価[編集]

2002年に発表された親日派708人名簿と、2005年民族問題研究所で親日人名辞書に収録する為に整理した親日人名辞書収録予定者1次名簿に、爵位を襲爵した養孫子の尹強老とともに選定された。

2007年親日反民族行為者財産調査委員会は、尹徳栄が所有していた土地を国家に帰属させる決定を下した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。