尻屋岬港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尻屋岬港
所在地
日本の旗 日本
所在地 青森県東通村尻屋八峠
座標 北緯41度24分29.2秒 東経141度25分57.6秒 / 北緯41.408111度 東経141.432667度 / 41.408111; 141.432667座標: 北緯41度24分29.2秒 東経141度25分57.6秒 / 北緯41.408111度 東経141.432667度 / 41.408111; 141.432667
詳細
開港 1960年昭和35年)
管理者 青森県
種類 地方港湾

港湾法の分類では避難港の扱いだが、港に隣接している「日鉄鉱業(株)尻屋鉱業所、三菱マテリアル(株)青森工場」の石灰採石・セメント等の年間貨物量300万トン・入港貨物船1000隻、青森県では八戸港、青森港につぐ県内第3位貨物取扱港である。

昭和35年日鉄鉱業尻屋鉱業所の開業と同時に同所のプライベート積み出し岸壁として開港、同時に港湾業務を日鉄汽船(現NSユナイテッド海運)が引受けた。

港内水深は7メートル、1万トンクラス迄の貨物船が入港出来る。

港周辺は風力発電基地が展開している関係で欧州からの風車プラントなどの揚荷、三菱マテリアルの輸入炭など外航船が年間10隻程度ある。

船舶代理店、ダグボートサービス、荷役作業はNSユナイテッド海運の現地子会社「尻屋運輸(株)」が実施している。

日鉄鉱業積出岸壁は同社の私有で、尻屋公共岸壁の浚渫は県が実施するのに対し同社が私費で定期的に浚渫している。。

関連項目[編集]