尼崎東発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尼崎東発電所(あまがさきひがしはつでんしょ)は、兵庫県尼崎市にあった関西電力火力発電所

概要[編集]

日本電力株式会社の尼崎火力発電所がその前身であり、当初は1964年4月に一旦廃止されたが、既存の送電線・揚運炭装置などの設備を有効利用するため、跡地に建設されることになった。

1965年に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。燃料の主力はすでに石炭から重油へと転換していたが、政府の国内炭保護政策に協力する立場から石炭・重油混焼方式を採用した。

その後、老朽化に伴い廃止された。

廃止された発電設備[編集]

  • 総出力:31.2万kW[1]
1号機(廃止)
定格出力:15.6万kW
使用燃料:石炭重油
営業運転期間:1965年9月 - 2001年12月15日
2号機(廃止)
定格出力:15.6万kW
使用燃料:石炭、重油
営業運転期間:1966年10月 - 2001年12月15日

参考文献[編集]

  • 社団法人日本動力協会『日本の発電所(中部日本篇)』 1937
  • 『関西電力二十五年史』 1978

出典[編集]

関連項目[編集]