尾上九朗右衛門 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にだいめ おのえ くろうえもん
二代目 尾上九朗右衛門
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 1922年1月22日
没年月日 (2004-03-28) 2004年3月28日(82歳没)
本名 寺島清晁
襲名歴 1. 初代尾上右近
2. 二代目尾上九朗右衛門
出身地 東京府
六代目尾上菊五郎
兄弟 七代目尾上梅幸(義兄)

二代目尾上九朗右衛門(にだいめ おのえ くろうえもん、大正11年(1922年1月22日 - 平成16年(2004年3月28日)は昭和時代に活躍した歌舞伎役者俳優。屋号は音羽屋六代目尾上菊五郎の長男。本名は寺島清晁(てらしま きよあき)。

略歴[編集]

六代目菊五郎とその妾であった千代との間に生まれ、生後間もなく菊五郎の正妻・家寿子のもとに引き取られる。そこで、菊五郎の養子であった七代目尾上梅幸と実の兄弟として育てられたという。

大正15年(1925年)5月、市村座『助六』の福山のかつぎで、初代尾上右近を名乗って初舞台を踏み、昭和15年(1940年)10月、歌舞伎座『対面』の五郎で二代目尾上九朗右衛門を襲名した。

昭和24年(1949年)7月、父・菊五郎が病死し、その門弟たちが尾上菊五郎劇団が結成をするとその理事となるが、間もなくアメリカへ留学する。

帰国後、歌舞伎のほか『かくて自由の鐘は鳴る』で福澤諭吉役を演じるなど、映画・テレビドラマにも出演していたが、昭和44年(1969年)に脳出血で倒れる。

その後、アメリカに移住し、ハーバード大学コロンビア大学などで演劇を教え、歌舞伎の普及に尽力した。

平成元年(1989年)の歌舞伎座出演が最後の舞台。ハワイで肺炎のため死去した[1]。82歳没。

参考文献[編集]

  • 花田昌子『聞き書き 尾上九朗右衛門―アメリカに移住した梨園の御曹司』(朝日新聞社)
  • 寺島千代『私のこんちきしょう人生 夫 六代目菊五郎とともに』(講談社)

脚注[編集]

  1. ^ 尾上九朗右衛門さんご逝去 『ニュースバックナンバー 2004年』 日本俳優協会(2004年3月31日付)