尾上卯三郎 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

初代 尾上卯三郎(しょだい おのえ うさぶろう、生没年不詳)は明治初期の歌舞伎役者

二代目尾上多見蔵の門人。明治元年(1868年)から同3年(1870年)にかけて大阪角の芝居、中の芝居で活躍した。のち子供芝居の座元になるがその後の詳細は不明。門人に二代目尾上卯三郎がいる。

今日は何の日(1月25日

もっと見る

「尾上卯三郎_(初代)」のQ&A