尾上悦三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
尾上 悦三
生誕 1933年1月18日
日本の旗 日本奈良県
死没 1989年5月21日(満56歳没)
研究機関 東京国際大学
アメリカ合衆国の旗 セントルイス・ワシントン大学
アジア経済研究所
研究分野 中国経済
母校 神戸大学
大阪外国語大学
テンプレートを表示

尾上 悦三(おのえ えつぞう、1933年1月18日 - 1989年5月21日)は、中国経済研究者。奈良県高市郡高取町出身。

大阪外国語大学中国語科卒、神戸大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。1975年『中国の経済配置の研究』で神戸大学経済学博士アジア経済研究所香港派遣員、セントルイス・ワシントン大学客員助教授、アジア経済研究所主任調査研究員、東京国際大学商学部教授。

著書[編集]

単著
  • 『中国の産業立地に関する研究』アジア経済研究所 1971
  • 『やさしい中国経済入門 八億人の市場と経済のしくみ』日本実業出版社 1971
  • 『中国経済入門』東洋経済新報社 1980
共著
  • 『経済計画論』有木宗一郎共著 世界書院 経済学叢書 1980

参考文献[編集]

  • 『中国経済入門』著者紹介 
  • 『人物物故大年表』