尾上愛梨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尾上 愛梨(おのえ あいり、2002年 - )は、淡水ガメの個人研究者。2017年に夏の自由研究で『ミシシッピアカミミガメ温度依存性決定の研究』と題し温度依存性決定(TSD)の研究を行った[1]その後、このパターンによる研究内容が国内初ということが認められた。(京都保健環境研究所より)[要出典]

実験内容は、11個(同腹、1クラッチ目)のミシシッピアカミミガメのを入手し、3つの箱(a、b、cとする)に分ける。 11個の卵にA〜Kとマーキングを行う。 a箱には、A〜D、b箱にはE〜H、c箱にはI〜Kの卵を入れる。 今回は、高温条件を30℃とした[1]。(夏場の地温)

a箱は1日は孵化するまで25℃を保つ。 b箱は1日のうち90分を30℃にする。 c箱は1日のうち9時間を30℃にする。 温度は毎日変える[1]

結果は、a箱のA〜Dの卵は100%オスになった。 b箱は4個体中1個体がメスになった。 c箱は3個体中全てメスになった[1]

近年、地球温暖化等の影響によりメスの増殖が問題になっている。 この問題を少しでも解決の方向にもっていけないかという事で行ったのが今回の実験。[要出典] この実験は、無限ともいえるパターンがあり、その1つの実験。

出演[編集]

研究発表[編集]

  • 第5回淡水ガメ情報交換会における口頭発表「高温条件における性決定」(神戸市立御影公会堂、2017年9月23日)[2]

テレビ[編集]

出典・脚注[編集]

4. https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/112/671832/

5. http://archive.fo/5PC9t