尾上梅幸 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ろくだいめ おのえ ばいこう
六代目 尾上 梅幸
Baikō Onoe IV as Yokogushi Otomi.jpg
帝国劇場『世話情浮名横櫛』(切られ与三)の
横櫛お富
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 1870年11月8日
没年月日 (1934-11-08) 1934年11月8日(64歳没)
本名 寺島榮之助
襲名歴 1. 西川榮之助
2. 尾上榮之助
3. 五代目尾上榮三郎
4. 六代目尾上梅幸
出身地 尾張国 名古屋
尾上朝次郎
五代目尾上菊五郎(養父)
七代目尾上榮三郎
尾上泰次郎

六代目 尾上梅幸(ろくだいめ おのえ ばいこう、1870年11月8日明治3年10月15日) - 1934年昭和9年)11月8日)は歌舞伎役者。屋号音羽屋定紋重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪。本名は寺島 榮之助(てらしま えいのすけ)。

昭和初期を代表する名女形の一人で、女形役者として、十五代目市村羽左衛門の相方として数々の絶妙な芸を残した。

来歴・人物[編集]

尾張国名古屋に生れる。父は三代目尾上菊五郎の孫・尾上朝次郎だというが、五代目尾上菊五郎と名古屋の茶屋・信濃屋の芸妓・貞の子で、六代目尾上菊五郎の異母兄とする説もある。

はじめ初代西川鯉三郎に入門し、1877年(明治10年)名古屋の小芝居で西川榮之助を名乗って初舞台。その5年後には五代目菊五郎の養子となって尾上榮之助を名のり、以後女形の修行につとめる。1891年(明治24年)名題昇進、五代目尾上榮三郎襲名する。

1903年(明治36年)に養父の五代目菊五郎が死ぬと、子の二代目尾上丑之助六代目尾上菊五郎を、榮三郎が六代目尾上梅幸を襲名し、五代目の名跡俳名をそれぞれ引継いだ。以後、同時代の女形を代表する役者として、五代目中村歌右衛門らとともに重きをなした。1911年(明治44年)に帝国劇場が落成すると、女形としては異例の座頭(劇場専属の興行責任者)格として迎えられ、これ以降梅幸は帝劇を中心にして活躍することになる。

十五代目羽左衛門の直次郎(左)と六代目梅幸の三千歳、『雪暮夜入谷畦道』(三千歳と直侍)より

晩年は脳卒中の後遺症によって体が不自由になり、舞台にも精彩を欠いた。1935年(昭和10年)3月歌舞伎座で行われる予定だった「五代目尾上菊五郎三十三回忌追善興行」で「尾上梅壽」を襲名して同時に引退することを発表していたが、1934年(昭和9年)11月4日その歌舞伎座で『ひらかな盛衰記』「源太勘当」の母延寿を勤めている最中に脳卒中で倒れ、そのまま意識が回復することなく8日に死去。倒れた直後、楽屋に運ばれる途中で朦朧とした意識のうちにも裾の乱れを気にしていたことが逸話として伝わっている。

芸に対する姿勢は真摯そのものであった。大阪で初代中村鴈治郎と「土蜘蛛」を演じた際のことである。舞台上で鴈治郎の衣装がほつれ当惑しているのを見た梅幸は後見役に目くばせし、瞬時に直させた。感心した鴈治郎は弟子に「後見に出たら糸、鋏、針を持って出るねんで。」と梅幸の教えを伝えて彼の恩に報いた。

死後は雑司ヶ谷霊園に葬られたが、生前幾度となく相方をつとめた十五代目羽左衛門が10年後に死去すると、彼も梅幸の隣に葬られた。

長男に七代目尾上榮三郎、次男に早世した尾上泰次郎がいる。

芸風[編集]

特に世話物の粋な女房役と音羽屋ゆかりの幽霊物を得意とし、明治25年に歌舞伎座で「牡丹灯籠」に出演する梅幸を観た作家の岡本綺堂は、その後にも同じ芝居を観ても「彼以上のお露を再び見ないのである」と評している[1]。十五代目市村羽左衛門との共演が人気を呼んだために、「橘屋の女房役者」と謳われた。芝居では『与話情浮名横櫛』(切られ与三)のお富、歌舞伎舞踊では『色彩間苅豆』(累(かさね))の、『茨木』の鬼女、『お夏狂乱』のお夏などが当り役。

著作・芸談[編集]

  • 『舞台のおもかげ 7 尾上梅幸』安部豊編 好文社 誠文堂 (発売) 1920
  • 『梅の下風 六世尾上梅幸藝談逸話集』井口政治筆録 法木書店 1930 のち演劇出版社
  • 『女形の事』主婦之友社 1944

脚注[編集]

  1. ^ 岡本綺堂 『綺堂芝居ばなし』 旺文社文庫、2014年、221p。