尾上榮三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
重ね扇に
抱き柏
四ツ輪

尾上 榮三郞(おのえ えいざぶろう、新字体:栄三郎)は歌舞伎役者の名跡屋号音羽屋定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪。

  • 二代目 尾上榮三郎
    • 初代の長男、1805–51。
    • 尾上朝太郎 → 二代目尾上榮三郎 → 三代目尾上松助 → 大川三朝
  • 三代目 尾上榮三郎
    • 初代の長女・お蝶の婿養子、1808–60。大坂出身の立女形
    • 中村辰蔵 → 中村歌蝶 → 尾上菊枝 → 三代目尾上榮三郎 → 四代目尾上梅幸 → 四代目尾上菊五郎
  • 四代目 尾上榮三郎
    • 1829-58。 二代目の養子。飯田で公演中に倒れ、現在の静岡県浜松市佐久間町浦川で死去。享年29歳。
    • 初代尾上菊之助 → 四代目尾上榮三郎
  • (尾上榮三郎)
  • (尾上榮三郎)
    • 出自続柄不詳。上記とは別に明治8年に尾上榮三郎を名乗った役者がもう一人いたことが記録に見える。
    • 襲名歴不詳