尾島紘平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
尾島 紘平
おじま こうへい
生年月日 (1988-10-10) 1988年10月10日(32歳)
出生地 日本の旗 大阪府豊中市
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学科
前職 小池百合子衆議院議員秘書
所属政党自由民主党→)
都民ファーストの会
配偶者 志田寿美子
公式サイト おじま 紘平 オフィシャルサイト

選挙区 練馬区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2017年7月23日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 2015年 - 2017年
テンプレートを表示

尾島 紘平(おじま こうへい、1988年昭和63年)10月10日 - )は、日本政治家都民ファーストの会所属の東京都議会議員(1期)。練馬区議会議員を1期務めた。2016年東京都知事選挙において、当時所属していた自民党の方針に反し、現東京都知事小池百合子を応援したとして、自民党東京都連から除名処分を受けた7人の侍の一人としても知られている[1]。選挙運動やオフィシャルサイトではおじま 紘平の表記も用いられる。

来歴[編集]

大阪府豊中市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。在学中は、自民党学生部会長[2]衆議院議員小池百合子事務所のインターン生として活動。大学卒業後は、小池百合子事務所練馬区担当秘書を6年間務める。2015年練馬区議会議員選挙に26歳最年少で出馬し、5,432票で当選した。[3]

2016年東京都知事選挙において、遊説責任者として小池百合子候補を支援し、自民党東京都連から除名処分を受ける。

自民党除名後、2017年に地域政党都民ファーストの会練馬区議団を立ち上げる。同年施行の東京都議会議員選挙において、都民ファーストの会公認候補として練馬区から出馬し当選。[4]

政策・主張[編集]

  • 都区財政調整制度の見直しによる、東京都の総合力強化を提唱 [要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 自民から除名処分“7人の侍” 来夏の都議選でどう動く? 交差する思惑 - 産経ニュース
  2. ^ 自由民主党学生部 全国学生交流会 会長挨拶
  3. ^ おじま 紘平 オフィシャルサイト >> プロフィール
  4. ^ 【都議選】都議会議員選挙 公認候補予定者一覧(2017年4月9日時点)

関連項目[編集]