尾崎亀重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
尾崎 亀重
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県平戸市生月町
生年月日 1947年10月12日(69歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1971年 ドラフト8位
初出場 1972年9月17日
最終出場 1972年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

尾崎 亀重(おざき かめじゅう、1947年10月12日 - )は元プロ野球選手捕手)。

息子はタレント・元大相撲力士尾崎勇気(隆乃若勇紀)[1]

来歴・人物[編集]

猶興館高では、1965年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、長崎工に敗退し西九州大会への出場を逃す。国士舘大に進学するが、東都大学リーグでは一部昇格はならなかった。卒業後は電電東京に入社、1971年都市対抗に出場。四番を打ち、三菱重工名古屋との1回戦では本塁打を放つ[2]。社会人屈指の大型捕手として各球団に注目された。

1971年度ドラフト会議でヤクルトアトムズから8位指名を受けプロ入り。1972年から2年連続でジュニアオールスターゲームに出場、1973年には決勝本塁打を放ちMVPを受賞する。しかし一軍では活躍できず、家業を継ぐために同年限りで引退[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 ヤクルト 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1972年 - 1973年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、127ページ
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年