尾崎允実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「尾﨑允実」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

尾﨑 允実(おざき まさみ、1959年6月9日 - )は、映像、出版プロデューサー。兵庫県美方郡新温泉町出身。新温泉町観光大使(2018年11月11日より)。

来歴[編集]

  • 1982年、大学在学中にアルバイトでテレビ朝日の情報番組「おはようテレビ朝日」ADとなる。大学在学中のまま、ベースボール・マガジン社月刊プロレス」「デラックスプロレス」編集部へ。数ヵ月後「週刊プロレス」の創刊に関わり、記者となる。その後、フリーになり「平凡パンチ」などで執筆。
  • 1984年6月、古舘伊知郎の独立に伴い古舘プロジェクトの設立に参加。マネージャーとなる。同社を退社後、芸能プロダクションに5年勤務。
  • 1989年 UWF(TBS)2作品、LD(パイオニアLDC)、新格闘技伝説(東宝)各作品を制作する。
  • 1989年7月、クロスファイヤー高田延彦テーマ曲(CBSソニー)制作。
  • 1991年、番組制作、タレントマネージメントのプロダクション、株式会社レッシングを設立。代表取締役就任。
  • 1993年5月、株式会社ワールドパンクラスクリエイト設立に参加、代表取締役に就任。
  • 1993年9月、東京ベイNKホールでパンクラスの旗揚げ大会を開催。各試合時間が短かったことから「秒殺」という言葉が生まれる。
  • 1994年〜1995年にかけて全米でパンクラスの興行を4回PPV放送。日本で行われた格闘技興行が全米で放送されたのは史上初。
  • 2000年5月26日、船木誠勝VSヒクソン・グレイシー東京ドーム)を仕掛ける。総合格闘技が地上波のプライムタイムで放送されるのは、これが史上初だった。
  • 2008年、ドン・キホーテの子会社、株式会社パンクラスに営業権譲渡。15年のプロモーター生活に終止符を打つ。
  • 現在、M2 Entertainment 代表 映像、出版プロデューサー。

主な企画 プロデュース作品[1][編集]

  • 1992年11月 書籍「大場政夫の生涯」石塚 紀久雄(東京書籍)  (企画)
  • 1993年7月、CD「布川俊樹 VALIS - Under Construction」(ビデオアーツミュージック) (エグゼプティブプロデューサー)
  • 2008年5月、DVD「パンクラス15年の軌跡」(ベースボール・マガジン社) (プロデューサー)
  • 2013年10月19日公開 映画「キタキツネ物語 35周年リニューアル版」(プロデューサー)
  • 2013年10月31日発売、写真集「ワンダイレクションONE DIRECTION 『1 one』写真集」(エグゼプティブプロデューサー)
  • 2013年11月8日放送、テレビ番組「ラウェイ」WOWOWドキュメンタリー(企画協力)
  • 2014年12月14日放送「北斗旗 第4回世界空道選手権大会・第1回世界空道ジュニア選手権大会」Jスポーツ(エグゼプティブプロデューサー)
  • 2015年6月6日、10月4日放送「ZONE」MXTV(プロデューサー)
  • 2016年2月10日発売「補欠選手はなぜ金メダルを取れたのか」五十嵐久人 中央公論新社(プロデューサー)
  • 2016年2月16日発売「ティーボールのすべて」吉村正 ベースボールマガジン社(プロデューサー)
  • 2017年5月18日発売「20年増収増益を続ける店の秘密」河邉幸夫 中央公論新社(プロデューサー)
  • 2018年2月25日発売「マイ・アイドロジー」JUNKO SAKURADA JS001(プロデューサー)
  • 2019年2月3日、10日(14:00〜14:55)放送 フジテレビ「ザ・ノンフィクション 」新・漂流家族 前編、後編 制作協力
  • 2019年4月28日(深夜26時〜27時30分)放送「これが総合武道・空道だ!!」BS 11 ✳第5回世界空道選手権大会・第2回世界空道ジュニア選手権大会」(プロデューサー)

書籍[編集]

  • パンクラス 15年の真実 総合格闘技の舞台裏回顧録(エンターブレイン), ISBN 4757748094 / 9784757748095 (2009/3/26)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ facebookより

関連項目[編集]