尾崎瑛一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾崎 瑛一郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ザキ
カタカナ オザキ エイイチロウ
ラテン文字 OZAKI Eiichiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-12-07) 1984年12月7日(34歳)
出身地 静岡県静岡市駿河区
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 アスルクラロ沼津
ポジション DF
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003 アルビレックス新潟 17 (0)
2004-2007 アルビレックス新潟・S 87 (21)
2008-2013 ガイナーレ鳥取 138 (6)
2014- アスルクラロ沼津 114 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月7日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

尾崎 瑛一郎(おざき えいいちろう、1984年12月7日 - )は、静岡県静岡市出身のサッカー選手。Jリーグアスルクラロ沼津所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

小学校1年生でサッカーを始め、6年生の時に全国大会で優勝する[1]城山中学では主将を任され、「無名の高校を強くしたい」と考え、サッカー部を強化指定クラブにした直後の日生第二(現・青山)に進学[2]。高校でのポジションはそれまでと同じMFで、3年生になると主将を務めた。高校選手権の県大会決勝では先制のフリーキックを決めて西村弘司飛弾暁を擁する四中工を破り[3]、同校初の全国高校サッカー選手権大会への出場を果たす。本大会では山形中央との初戦で先制のPKを決めるも、1対2で敗れた。また、同年度は三重県国体選抜や三重県高校サッカー最優秀選手に選ばれている。

反町康治の目に止まり、2003年1月28日アルビレックス新潟と入団契約を結んだ。同年は高卒1年目ながら右サイドバックとして17試合に出場し、J1への昇格に貢献[4]。翌2004年には若手育成[4] と負傷した足のリハビリを兼ね[1]、下部組織であるアルビレックス新潟シンガポール期限付き移籍された。2006年にはキャプテンを務めたが、アマチュアのメンバーを含むチームをまとめるのに苦労し、プレーに集中できずサッカーへのモチベーションを失いかけたという[4]2007年には新潟シンガポールに完全移籍したが、同年限りで解雇される[4]

2008年ヴィタヤ・ラオハクル監督(当時)に誘いを受け、2月にガイナーレ鳥取(当時日本フットボールリーグに所属)のキャンプに自費参加[4]。同年3月に鳥取に入団した。2013年シーズン終了後、鳥取を退団[5]

2014年3月、アスルクラロ沼津へ移籍[6]

2015年2月15日、ガイナーレ鳥取の選手がお世話になった食堂「はしや」の女将の義娘、内間智美(内間安路の妻)が2013年12月に発症した肛門管癌の治療費を募る内間さんを支援する会の発起人を岡野雅行が務め、自身は代表を務める[7]

2017年シーズンよりチームキャプテンを務める。

人物[編集]

  • チームメイトであった岡野雅行とは仲が良い。岡野が暇な時に意図なく電話をかける相手であるため、本来の用件をしゃべるまでに3分かかるとの事[8]
  • 加藤順大とは親友であり、2013年には共に頑張ろうとの思いから、それまで着用していた背番号を2番から加藤が浦和レッズで着用している18に変更した[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 新潟 26 J2 17 0 - 0 0 17 0
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2004 新潟S 2 Sリーグ 20 2 1 0 - 21 2
2005 10 3 1 0 0 - 3 1
2006 32 14 3 1 - 35 15
2007 32 4 1 0 - 33 4
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 鳥取 31 JFL 20 2 - 0 0 20 2
2009 28 20 1 - 1 0 21 1
2010 2 24 2 - 0 0 24 2
2011 J2 13 0 - 1 0 14 0
2012 29 1 - 2 1 31 2
2013 18 32 0 - 1 0 33 0
2014 沼津 31 JFL 23 1 - - 23 1
2015 18 24 1 - - 24 1
2016 28 1 - - 28 1
2017 J3 31 3 - 0 0 31 3
2018 8 1 - - 8 1
2019 -
通算 日本 J2 91 1 - 4 1 95 2
日本 J3 39 4 - 0 0 39 4
日本 JFL 139 8 - 1 0 140 8
シンガポール Sリーグ 87 21 5 1 - 92 22
総通算 356 34 5 1 5 1 366 36

その他の公式戦

タイトル[編集]

  • 2016年 - JFLベスト11[10]

脚注[編集]

出典
  1. ^ a b GAINARE×Peeba Player's focus / No.28 DF 尾崎瑛一郎
  2. ^ 朝日新聞、2003年1月1日付朝刊、三重地方面
  3. ^ 朝日新聞、2002年11月17日付朝刊、三重地方面
  4. ^ a b c d e 朝日新聞、2008年4月23日付朝刊、鳥取地方面
  5. ^ “尾崎瑛一郎選手 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2014年1月14日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/23947/ 2014年1月14日閲覧。 
  6. ^ “ガイナーレ鳥取・尾崎瑛一郎選手 完全移籍、加入のお知らせ” (プレスリリース), アスルクラロ沼津, (2014年3月19日), http://www.azul-claro.jp/information/17367/ 2014年3月19日閲覧。 
  7. ^ 内間さんを支援する会 会公式サイト 2015年2月15日付
  8. ^ 2011年3月5日放送 山陰放送「J-Dream ガイナーレ劇場 開幕直前拡大SP」より
  9. ^ 日本海新聞 ガイナイズム 2013年5月10日掲載
  10. ^ “第18回日本フットボールリーグ表彰式 受賞者” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2016年12月7日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1129 2016年12月8日閲覧。 

関連項目[編集]