尾浜商店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾浜商店街(県道13号線側の入口付近)

尾浜商店街(おはましょうてんがい)は、兵庫県尼崎市尾浜町二丁目から三丁目にある商店街。名月姫の伝説をモチーフとしたマスコットキャラクターや満月を模した球形の街灯[1]が特徴。また、2006年に流通開始した地域通貨「おう」による地域活性化で知られている。

行事[編集]

  • 名月姫桜まつり(おう桜まつり) - 2006年に地域通貨の発行記念イベントとして開催[2]。以来、毎年3月下旬に尾浜商店街を車両通行止めにして開催されている。2006年-2017年の計12回は「おう桜まつり」、2018年以降は「名月姫桜まつり」の名称で開催されている。
  • 夜店 - 毎年7月下旬に尾浜商店会主催で夏祭りが行われている。


脚注[編集]

  1. ^ “名月姫祭り:「姫」練り歩く、尾浜商店街で初の祭り--尼崎/兵庫”毎日新聞 2005年10月30日 地方版/兵庫 25頁
  2. ^ “地域通貨:「おう」21日から流通開始 住民の交流促進--尼崎・名和”毎日新聞 2006年3月17日 地方版/兵庫 25頁

関連項目[編集]