尾白江町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 薩摩川内市 > 尾白江町
尾白江町
—  大字  —
隈之城バイパス薩摩川内都ICから鹿児島方面を望む
尾白江町の位置(鹿児島県内)
尾白江町
尾白江町
座標: 北緯31度46分51.6秒 東経130度18分14.2秒 / 北緯31.781000度 東経130.303944度 / 31.781000; 130.303944
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 薩摩川内市
地域 川内地域
人口 (2011年4月1日現在)
 - 計 562人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 895-0035

尾白江町(おじろえちょう Ojiroe-Chō)は、鹿児島県薩摩川内市大字[1]。旧薩摩郡川内町大字西手の一部、川内市尾白江町郵便番号は895-0035。人口は562人、世帯数は245世帯(2011年4月1日現在)[2]

地理[編集]

薩摩川内市の本土側の南西部、木場谷川の流域に位置している。字域の北方には中福良町隈之城町、南方には木場茶屋町、西方には都町、東方には矢倉町山之口町川永野町にそれぞれ接している。

字域の中央部を鹿児島本線が南北に通っているが、字域内には駅は所在していない。また、西端部を国道3号隈之城バイパスが並行して通っており、南西端部で南九州西回り自動車道薩摩川内都インターチェンジの出入り口と交差する。

北部には薩摩川内市道百次青山線が東西に横断しており、その沿線に鯵島、田畑、永沼、馬場の集落が所在している[3]

歴史[編集]

1940年昭和15年)に川内町大字西手の一部より分割され、川内市の大字「尾白江町」として設置された[4]2004年平成16年)には川内市等が新設合併し薩摩川内市の大字となった。

字域の変遷[編集]

分割実施後 分割実施年 分割実施後
川内市尾白江町 1940年昭和15年) 川内町大字西手の一部

施設[編集]

公共
  • 尾白江公民館
寺社
  • 熊野神社

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

大字 番地 小学校 中学校
尾白江町 全域 薩摩川内市立隈之城小学校 薩摩川内市立川内南中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

字域の中央部を鹿児島本線が通っているが、駅は所在していない。最寄りの駅は隈之城駅である。

道路[編集]

高速道路
国道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川薩地区合併協議会 町・字の取り扱いについて - 川薩地区合併協議会(薩摩川内市公式ウェブサイト) 2011年9月24日閲覧。
  2. ^ 統計データ(住民基本台帳人口) - 薩摩川内市公式ウェブサイト 2011年9月24日閲覧。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.759
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.169
  5. ^ 薩摩川内市 義務教育”. 薩摩川内市役所. 2011年9月24日閲覧。

座標: 北緯31度46分51.6秒 東経130度18分14.2秒