尾節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エビの尾節(ハイライト部分)

尾節(びせつ、telson)とは、節足動物の体において、体節の最後尾に備えた1本ののような部分である[1]

環形動物の後端の部位も尾節と呼ばれているが、本項目は主に節足動物の尾節について扱う。

概要[編集]

尾節は、節足動物の体節の後端に備えた尻尾のような部分である。その形は分類群によって状・へら状・状など様々である。通常は肛門を備えているが、鋏角類のように、尾節は肛門の直後から生えるものもある[2]

通常、尾節は節足動物体節として扱われず[2]付属肢らしい構造体はない[3]。しかし、一部の甲殻類の尾節と呼ばれる部分は、1対の尾叉および尾鞭(caudal furca、caudal ramus)などの構造体をもつ[4][5]。なお、昆虫のように、尾節が著しく退化した節足動物もある[2][3]

鋏角類[編集]

尾節を持つ鋏角類は少なくない。多くの節足動物とは異なり、鋏角類の尾節は肛門の直後から生えるため、肛門は尾節自体ではなく、代わりに尾節と最後の体節の間にできた腹側の節間膜にある[2]

節口類[編集]

ウミサソリプテリゴトゥス(左)とユーリプテルス(右)、それぞれへら状と棘状の尾節をもつ。

カブトガニ類ウミサソリ類などの基盤的な真鋏角類節口類、腿口類)は、発達した尾節をもつ。

  • ウミサソリ類の尾節は通常ではカブトガニ類のような棘状だが、プテリゴトゥス上科の種類はへら状に変化した尾節もつ。

クモガタ類[編集]

サソリの鉤状の尾節(T、赤)と肛門(A)。残りの"尾"(M1-M5)は腹部の後半部であり、尾節ではない。

クモガタ類クモガタ綱蛛形綱クモ綱)の場合、尾節はいくつかの分類群に見られており、以下の例が挙げられる[8]

  • サソリモドキヤイトムシコヨリムシは鞭状の尾節を持ち、鞭状体(flagella)と呼ばれる。サソリモドキとコヨリムシの場合は細長い感覚器官だが、ヤイトムシの場合は著しく短縮し、性的二形で、オスの場合は特化した先端をもつ[8]
  • サソリの終体(後腹部、いわゆるサソリの"尾")の先には、鈎状の毒針に特殊化した尾節を持つ。中に毒腺を備え、捕食や防衛などに用いられる。残りの"尾"の部分は、後体(腹部)の後半部に相当する5つの体節であり、尾節の部分ではない。この後腹部はよく反り上げる姿勢をとるため、腹側に開いた肛門は往々にして上に向かって露出している。
  • 現生のクモに尾節はない。しかしクモの系統に近いと思われる一部の絶滅したクモガタ類、例えばUraraneida類とキメララクネChimerarachne)は、サソリモドキのような鞭状体をもっていた[9][10]
  • ザトウムシムカシザトウムシの場合、尾節らしい部分は見当たらないが、肛門板[11](anal operculum)という肛門を覆う1枚の蓋状構造があり、これは尾節に由来する部分であるかもしれない[8]

ウミグモ類[編集]

ウミグモ類(ウミグモ綱皆脚綱)の場合、現生の分類群(皆脚目)からは退化的な腹部以外に、尾節らしい構造は見当たらない[8]。しかし数節からなる腹部をもつ化石種のウミグモパレオイソプスPalaeoisopus)と Flagellopantopus は、それぞれ長い棘状と鞭状の尾節をもっていた[8][12][13]パレオイソプスの尾節は他の鋏角類と異なり、下側の途中に肛門を備えていた[8]。そのため、これは腹部最終体節と尾節の癒合でできた部分とも見なされる[14]

甲殻類[編集]

軟甲類[編集]

甲殻類の中で軟甲類軟甲綱)は明瞭な尾節をもち、下側に肛門がある。

  • 十脚類の中で、エビ(カニと異尾類以外の十脚類)の尾節はへら状ないし短い棘状であり、直前の第6腹節に由来の尾肢(uropod)と共に尾扇(tail fan)を構成し、遊泳中のステアリングや、瞬発に後ろへ退いて逃げる(「caridoid escape reaction」と呼ばれる[15])などの動作に用いられる[16]。エビとカニ以外の十脚類、いわゆる異尾類異尾下目ヤドカリ下目)の中でもこのような尾扇をもつ例があり、カニダマシコシオリエビなどが挙げられる。
    • カニの尾節は、腹側に畳んだ退化的な腹部と共に単純化した形態をとり、第6腹節は尾肢を欠くため、尾扇をなしていない[17]
  • シャコ類はよく発達した尾節をもつ。頑強で幅広い楯状となり、闘争中の防衛や交流などに用いられる[18][19]
  • 等脚類の尾節は直前の第6腹節と癒合し、腹尾節(pleotelson)となる[20]

他の甲殻類[編集]

他の一部の甲殻類の尾端には肛門節(anal somite)という、終端もしくは背側に肛門をもつ部分がある。これは尾節として扱われることもある[21]。これは他の節足動物における附属体のない尾節とは異なり、往々にして1対の尾叉ないし尾鞭(caudal furca、caudal ramus、furcal rami)という構造体をもつ[5]鰓脚類の場合、カブトエビ類の尾節は1対の鞭のような長い尾鞭をもち、ミジンコ類カイエビ類の尾節は、尾爪(caudal claw、furcal claw)という1対の爪状構造を備えている[22]

多足類[編集]

オオムカデ属(ムカデ)のの前端(A)と後端(B)(尾節 = t

上述の分類群ほどには明瞭でないものの、多足類も尾節をもつ。

  • ヤスデ類の尾節は比較的に顕著で分厚い。腹側には1対の「paraprocts」と1枚の「hypoproct」という、肛門を覆う3枚の板状構造を持つ[23][24]
  • ムカデ類の場合、尾節は生殖孔の直後にあり、胚発生の段階では明瞭に見られる[25]が、成体の場合は不明瞭で、肛門を覆う1対の板状構造(anal valves)のみによって表れる[26]
  • エダヒゲムシ類の場合、背腹2枚の板状構造からなる短い尾節をもつ[27][28]。しかしこれは尾部pygidium)もしくは肛節(anal segment)と呼ばれる方が一般的であり、の同定形質として重要視される[29][30]
  • コムカデ類の場合、肛門の周囲は小さな尾節をもつ[31]

六脚類[編集]

六脚類の場合、尾節は退化的であり[3]カマアシムシの成体と一部の不完全変態昆虫のみに見られる[32]昆虫の肛門周囲の膜(circumanal membrane)とトンボ幼虫ヤゴ)の尾端に備えた突起は、尾節の名残であると考えられる[3][32]

絶滅群[編集]

様々なMegacheira

絶滅した節足動物の分類群において、尾節を持つものは少なからぬ発見される。

  • 基盤的な節足動物と考えられるケリグマケラアノマロカリス類の中では体の尾端から突き出した1本の構造体があり、これは尾節に相同の部分と考えられる[33]
  • 大付属肢節足動物」として知られるMegacheira類は、往々にして棘状ないしへら状の尾節をもつ[8]
  • シドネイアは扇状の尾節をもち、エビ類のように、直前の節の付属肢と共に尾扇を構成する[34]
  • 光楯類は、直前の胴部第12節と癒合した棘状の尾節をもつ[35]
  • 三葉虫の場合、独立した尾節は見当たらず、直前の数個の体節と癒合した1枚の尾部pygidium)となる。

節足動物以外のもの[編集]

環形動物の体節模式図。下端の灰色の部位は尾節を示す

節足動物以外の体節制をもつ動物には、「尾節」と呼ばれる部位もある。環形動物の尾端の部位は、英語などでは「pygidium」、日本語では「尾節」と呼ばれる。何れも主に節足動物の用語として用いられる名称である(上述参照)。

環形動物の尾節はトロコフォア幼生の下部に対応する部分であり、胴部の体節とは別の部位に由来するため、真の体節扱いはされていない。しかし、この尾節は多くの体節らしい形質をもつことが後に解明されており、従来の提唱よりも体節的であることが示唆される[36]

脚注[編集]

  1. ^ telson - Wiktionary” (英語). en.wiktionary.org. 2018年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d Minelli, Alessandro; Boxshall, Geoffrey; Fusco, Giuseppe (2013-04-11) (英語). Arthropod Biology and Evolution: Molecules, Development, Morphology. Springer Science & Business Media. ISBN 9783642361609. https://books.google.com.tw/books?id=cfU_AAAAQBAJ&pg=PA200&lpg=PA200&dq=telson+annelid&source=bl&ots=aNsk9fW4Ki&sig=qg3JfrD5WS8GcXoSwWoqhY0PNQ4&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwiA7c6yk7veAhWJjLwKHVQqDhUQ6AEwGHoECAMQAQ#v=onepage&q=telson%20annelid&f=false 
  3. ^ a b c d Grimaldi, David; Engel, Michael S. (2005-05-16) (英語). Evolution of the Insects. Cambridge University Press. ISBN 9781107268777. https://books.google.com.tw/books?id=odQmAAAAQBAJ&pg=PA132&lpg=PA132&dq=circumanal+membrane&source=bl&ots=POxhHslYRI&sig=kk96TpZvyjiHJGGk6mONJyiYcqM&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwir9pWSk7jeAhVHfLwKHRhHADkQ6AEwAXoECAcQAQ#v=onepage&q=circumanal%20membrane&f=false 
  4. ^ “caudal furca” (英語). Academic Dictionaries and Encyclopedias. https://crustacea.academic.ru/308/caudal_furca 2018年11月4日閲覧。 
  5. ^ a b “caudal rami” (英語). Academic Dictionaries and Encyclopedias. https://crustacea.academic.ru/310/caudal_rami 2018年11月4日閲覧。 
  6. ^ 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “剣尾類(けんびるい)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年11月5日閲覧。
  7. ^ カブトガニ[せとうちネット]” (日本語). www.env.go.jp. 2018年11月3日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g A., Dunlop, Jason; C., Lamsdell, James (2017). “Segmentation and tagmosis in Chelicerata” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3). ISSN 1467-8039. https://www.academia.edu/28212892/Segmentation_and_tagmosis_in_Chelicerata. 
  9. ^ Huang, Diying; Hormiga, Gustavo; Cai, Chenyang; Su, Yitong; Yin, Zongjun; Xia, Fangyuan; Giribet, Gonzalo (2018-02-05). “Origin of spiders and their spinning organs illuminated by mid-Cretaceous amber fossils” (英語). Nature Ecology & Evolution 2 (4): 623–627. doi:10.1038/s41559-018-0475-9. ISSN 2397-334X. https://www.nature.com/articles/s41559-018-0475-9. 
  10. ^ Wang, Bo; Dunlop, Jason A.; Selden, Paul A.; Garwood, Russell J.; Shear, William A.; Müller, Patrick; Lei, Xiaojie (2018-02-05). “Cretaceous arachnid Chimerarachne yingi gen. et sp. nov. illuminates spider origins” (英語). Nature Ecology & Evolution 2 (4): 614–622. doi:10.1038/s41559-017-0449-3. ISSN 2397-334X. https://www.nature.com/articles/s41559-017-0449-3. 
  11. ^ Suzuki,Tsurusaki (1991) Pictorial key Soil animals Japan, Opiliones.PDF
  12. ^ POSCHMANN, MARKUS; DUNLOP, JASON A. (2006-08-30). “A NEW SEA SPIDER (ARTHROPODA: PYCNOGONIDA) WITH A FLAGELLIFORM TELSON FROM THE LOWER DEVONIAN HUNSRÜCK SLATE, GERMANY” (英語). Palaeontology 49 (5): 983–989. doi:10.1111/j.1475-4983.2006.00583.x. ISSN 0031-0239. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1475-4983.2006.00583.x. 
  13. ^ “Larval development and morphogenesis of the sea spider Pycnogonum litorale (Ström, 1762) and the tagmosis of the body of Pantopoda” (英語). Arthropod Structure & Development 32 (4): 349–383. (2003-12-01). doi:10.1016/j.asd.2003.09.004. ISSN 1467-8039. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803903001154. 
  14. ^ Winter, Gerhard (英語). Palaeoisopus, Palaeopantopus and Palaeothea, pycnogonid arthropods from the Lower Devonian Hunsrück Slate, West Germany.. https://www.academia.edu/5146832/Palaeoisopus_Palaeopantopus_and_Palaeothea_pycnogonid_arthropods_from_the_Lower_Devonian_Hunsr%C3%BCck_Slate_West_Germany. 
  15. ^ “caridoid escape reaction” (英語). Academic Dictionaries and Encyclopedias. https://crustacea.academic.ru/290/caridoid_escape_reaction 2018年11月5日閲覧。 
  16. ^ Dorji, Kezang (2016-06-20). Decapods. https://www.researchgate.net/publication/304130168_Decapods. 
  17. ^ Order Decapoda”. keys.lucidcentral.org. 2018年11月5日閲覧。
  18. ^ Taylor, J. R. A.; Patek, S. N. (2010-10-15). “Ritualized fighting and biological armor: the impact mechanics of the mantis shrimp's telson” (英語). Journal of Experimental Biology 213 (20): 3496–3504. doi:10.1242/jeb.047233. ISSN 0022-0949. PMID 20889830. http://jeb.biologists.org/content/213/20/3496. 
  19. ^ Green, P. A.; Patek, S. N. (2015-09-01). “Contests with deadly weapons: telson sparring in mantis shrimp (Stomatopoda)” (英語). Biology Letters 11 (9): 20150558. doi:10.1098/rsbl.2015.0558. ISSN 1744-9561. PMID 26399976. http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/11/9/20150558. 
  20. ^ Australian Isopoda: Families - Index”. www.crustacea.net. 2018年11月3日閲覧。
  21. ^ “anal somite” (英語). Academic Dictionaries and Encyclopedias. https://crustacea.academic.ru/57/anal_somite 2018年11月4日閲覧。 
  22. ^ Olesen, Jørgen (2009-01-01). “Phylogeny of Branchiopoda (Crustacea)—Character evolution and contribution of uniquely preserved fossils”. Arthropod Systematics and Phylogeny 67: 3–39. https://www.researchgate.net/publication/235745590_Phylogeny_of_Branchiopoda_Crustacea-Character_evolution_and_contribution_of_uniquely_preserved_fossils. 
  23. ^ Sierwald, Petra; Bond, Jason E. (2007-01). “Current Status of the Myriapod Class Diplopoda (Millipedes): Taxonomic Diversity and Phylogeny” (英語). Annual Review of Entomology 52 (1): 401–420. doi:10.1146/annurev.ento.52.111805.090210. ISSN 0066-4170. https://doi.org/10.1146/annurev.ento.52.111805.090210. 
  24. ^ External Anatomy of Polydesmida: Tail”. www.polydesmida.info. 2018年11月3日閲覧。
  25. ^ Punzo, Fred (1999-12-14) (英語). Desert Arthropods: Life History Variations. Springer Science & Business Media. ISBN 9783540660415. https://books.google.com.tw/books?id=AjOjs7TJXwsC&pg=PA39&lpg=PA39&dq=centipede+telson&source=bl&ots=IO6ba0x3HX&sig=Cvv4RaMwEQqa_ieLCEMaiYB5rxw&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjJsbyQhrjeAhWFyIUKHfxWC_MQ6AEwCnoECAEQAQ#v=onepage&q=centipede%20telson&f=false 
  26. ^ Bonato, Lucio; Edgecombe, Gregory D.; Lewis, John G.E.; Minelli, Alessandro; Pereira, Luis A.; Shelley, Rowland M.; Zapparoli, Marzio (2010-11-18). “A common terminology for the external anatomy of centipedes (Chilopoda)”. ZooKeys (69): 17–51. doi:10.3897/zookeys.69.737. ISSN 1313-2989. PMC: PMC3088443. PMID 21594038. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3088443/. 
  27. ^ Eisenbeis, Gerhard; Wichard, Wilfried (2012-12-06) (英語). Atlas on the Biology of Soil Arthropods. Springer Science & Business Media. ISBN 9783642726347. https://books.google.com.tw/books?id=r8H-CAAAQBAJ&pg=PA164&lpg=PA164&dq=Pauropoda+telson&source=bl&ots=WR0LALjEj-&sig=z5MOrtDJRynINyFh23v2_CJdcE4&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwj6977d_LzeAhWEyLwKHROHDe0Q6AEwB3oECAYQAQ#v=onepage&q=Pauropoda%20telson&f=false 
  28. ^ FIRST RECORD OF PAUROPODA FROM INDIA, WITH DES· CRIPTION OF A NEW SPECIES, DECAPAUROPUSKRISHNANI
  29. ^ Class Pauropoda”. keys.lucidcentral.org. 2018年11月5日閲覧。
  30. ^ Pauropoda (Pauropus huxleyi) | Enfo” (英語). enfo.agt.bme.hu. 2018年11月5日閲覧。
  31. ^ Ax, Peter (2013-03-09) (英語). Multicellular Animals: Volume II: The Phylogenetic System of the Metazoa. Springer Science & Business Media. ISBN 9783662103968. https://books.google.com.tw/books?id=x7vtCAAAQBAJ&pg=PA229&lpg=PA229&dq=Symphyla+telson&source=bl&ots=n7tfENesNM&sig=b-ZHyTIfvtdeccfgCFTfuKAmYE0&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjskpG1iL3eAhVFx7wKHdYiDIsQ6AEwCXoECAgQAQ#v=onepage&q=Symphyla%20telson&f=false 
  32. ^ a b Chapman, R. F.; Douglas, Angela E. (2013) (英語). The Insects: Structure and Function. Cambridge University Press. ISBN 9780521113892. https://books.google.com.tw/books?id=NXJEi8fo7CkC&pg=PA270&lpg=PA270&dq=insect+telson&source=bl&ots=p6keCVH8YI&sig=fZ_Ta3RK5G3yHcLOGaDscRPOj7A&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjD8dvL7bfeAhUe77wKHdIBCo0Q6AEwC3oECAEQAQ#v=onepage&q=insect%20telson&f=false 
  33. ^ Park, Tae-Yoon S.; Kihm, Ji-Hoon; Woo, Jusun; Park, Changkun; Lee, Won Young; Smith, M. Paul; Harper, David A. T.; Young, Fletcher et al. (2018-03-09). “Brain and eyes of Kerygmachela reveal protocerebral ancestry of the panarthropod head” (英語). Nature Communications 9 (1). doi:10.1038/s41467-018-03464-w. ISSN 2041-1723. https://www.nature.com/articles/s41467-018-03464-w. 
  34. ^ Sidneyia - Fossil Gallery - The Burgess Shale”. 2018年11月5日閲覧。
  35. ^ Lerosey-Aubril, Rudy; Zhu, Xuejian; Ortega-Hernández, Javier (2017-09-11). “The Vicissicaudata revisited – insights from a new aglaspidid arthropod with caudal appendages from the Furongian of China” (英語). Scientific Reports 7 (1). doi:10.1038/s41598-017-11610-5. ISSN 2045-2322. https://www.nature.com/articles/s41598-017-11610-5. 
  36. ^ Starunov, Viktor V; Dray, Nicolas; Belikova, Elena V; Kerner, Pierre; Vervoort, Michel; Balavoine, Guillaume (2015). “A metameric origin for the annelid pygidium?” (英語). BMC Evolutionary Biology 15 (1): 25. doi:10.1186/s12862-015-0299-z. ISSN 1471-2148. PMC: PMC4357181. PMID 25880037. https://bmcevolbiol.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12862-015-0299-z. 


関連項目[編集]