尾脇秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

尾脇 秀和(おわき ひでかず、1983年 - )は、日本の日本史学者。

人物・来歴[編集]

京都府生まれ。2013年佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「京都近郊相給村落と近世百姓」で文学博士。現在、神戸大学経済経営研究所研究員、佛教大学非常勤講師[1]

著書[編集]

  • 『近世京都近郊の村と百姓』佛教大学研究叢書, 2014.2
  • 『刀の明治維新 「帯刀」は武士の特権か?』(歴史文化ライブラリー 吉川弘文館, 2018.8
  • 『壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分』NHKブックス 2019.4
  • 『近世社会と壱人両名 身分・支配・秩序の特質と構造』吉川弘文館, 2020.8
  • 『氏名の誕生』ちくま新書、2021

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『近世社会と壱人両名』