尾西美咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾西 美咲 Portal:陸上競技
Misaki Onishi 2015.jpg
2015世界陸上での尾西美咲
選手情報
フルネーム おにし みさき
ラテン文字 Misaki Onishi
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 トラック(中・長距離)
所属 積水化学工業
生年月日 (1985-02-24) 1985年2月24日(33歳)
出身地 三重県伊勢市
身長 163㎝
体重 45㎏
自己ベスト
1500m 4分17秒78
3000m 9分00秒32
5000m 15分16秒82
10000m 32分58秒
ハーフマラソン 1時間11分16秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

尾西 美咲(おにし みさき、1985年2月24日 - )は、日本の元女子陸上競技選手。専門は中距離長距離走

人物[編集]

1985年2月24日三重県度会郡小俣町(現・伊勢市)出身。伊勢市立明野小学校伊勢市立小俣中学校を経て三重県立宇治山田商業高等学校卒業[1]。高校時代に第13回全国高等学校駅伝競走大会(女子の部)に宇治山田商のメンバーとして出場、第2区を走った経歴を持つ[2]。また高校2年次の第54回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(2001年、熊本県)では1,500mに出場し、後にロンドンオリンピック代表となる吉川美香神奈川県立荏田高等学校)と予選第3組で同走している[3]

高等学校卒業後には積水化学工業に入社。実業団入り数年は記録が思うほど伸びず、2009年には恥骨の疲労骨折を2度起こすなどしていたが[4]、体幹トレーニングの導入などで体力強化に取り組んだ結果、2011年6月のホクレンディスタンスチャレンジ北見大会女子5,000mで15分46秒64のタイムを出し[5]、これを契機として成績も安定してくるようになった。

2013年6月の第97回日本陸上競技選手権大会味の素スタジアム)女子5,000mでは15分21秒73の自己新記録を出して日本選手権初優勝を果たし[6][7]、これにより2013年世界陸上競技選手権大会ロシア連邦モスクワ)日本代表に選出された。

2013年8月14日、世界陸上競技選手権大会女子5,000m予選1組に出場し、レース途中でのベースアップに苦しみ16分16秒52のタイムで9位となり予選突破は成らなかった[8]

2014年6月8日、第98回日本陸上競技選手権大会福島県営あづま陸上競技場)女子5,000mに出場し、終盤までダンゴ状態のレース展開から最後に抜け出して15分32秒74で2年連続優勝を果たした[9]

2015年6月、第99回日本陸上競技選手権大会(新潟スタジアム)女子5,000mで優勝し、同種目3連覇を達成。8月の2015年世界陸上競技選手権大会(北京)日本代表に選出され、女子5,000mに出場し14位。

2016年6月、第100回日本陸上競技選手権大会(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)女子5,000mで優勝し、同種目4連覇を達成。2016年リオデジャネイロオリンピック女子5,000m日本代表に選出される。

2017年11月25日、今季限りでの引退を表明[10]

自己記録[編集]

  • 1,500m - 4分17秒78(2013年、ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見大会)
  • 3,000m - 9分10秒13(2013年、ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見大会)
  • 5,000m - 15分16秒82(2015年、カーディナル招待)
  • 10Km - 32分58秒(2013年、第41回全日本実業団ハーフマラソン大会 女子10kmの部)
  • ハーフマラソン - 1時間11分16秒(2013年、第67回香川丸亀国際ハーフマラソン大会)

脚注[編集]

  1. ^ 野口みずき選手・尾西美咲選手 応援イベント (PDF) 広報いせ 平成25年8月1日号6頁
  2. ^ 2001(平成13)年第13回女子大会記録 全国高等学校駅伝競走大会オフィシャルサイト
  3. ^ 平成13年度全国高等学校総合体育大会陸上競技 熊本県陸上競技協会
  4. ^ 第3回 駅伝で活躍する1500m出身選手たち 尾西&清水コンビの積水化学がスピード駅伝で初優勝に挑戦 2013全日本実業団女子駅伝(TBS)コラム
  5. ^ ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会 積水化学工業女子陸上競技部 2011年6月19日
  6. ^ 女子 5000m 決勝 第97回日本陸上競技選手権大会速報
  7. ^ 尾西美咲が初V! B標準突破5000m/陸上 日刊スポーツ 2013年6月9日閲覧
  8. ^ 尾西「経験不足」予選敗退/世界陸上 日刊スポーツ 2014年8月14日閲覧
  9. ^ 尾西連覇「もう1回、国際大会の舞台に」 日刊スポーツ 2014年6月8日閲覧
  10. ^ リオ代表、尾西美咲が引退へ 理由は「気持ちの部分」産経新聞 2017年11月25日閲覧