尾道海技学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾道海技学院
尾道海技学院
国公私立の別 私立学校
学校種別 専修学校
設置者 財団法人尾道海技学院
設立年月日 1949年3月
創立者 山村俊助
共学・別学 男女共学
分校 広島事務所
岡山事務所
山陰事務所
山口事務所
所在地 722-0025
広島県尾道市栗原東2-18-43
外部リンク http://www.marine-techno.or.jp/
テンプレートを表示
一般財団法人尾道海技学院
種類 一般財団法人
略称 マリンテクノ
本社所在地 722-0025
広島県尾道市栗原東2-18-43
設立 1949年3月
業種 サービス業
法人番号 2240005012576
事業内容 尾道海技学院並びに日本海洋技術専門学校の運営
代表者 村瀬保文(会長)
資本金 1億4,726万3,000円
従業員数 173名
関係する人物 山村俊助(創業者)
外部リンク http://www.marine-techno.or.jp/
特記事項:財団法人設立は1970年9月
テンプレートを表示

一般財団法人 尾道海技学院(おのみちかいぎがくいん、愛称:マリンテクノ)は、小型船舶操縦士の指定試験機関並びに指定登録機関として、国家試験を実施と登録事務を行う団体。以前は国土交通省所管の財団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般財団法人へ移行した。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1949年3月 - 尾道海技学院創立
  • 1964年3月 - 各種学校の認可を受ける。尾道海技専門学院に名称変更
  • 1970年9月 - 運輸省認可の公益法人として、財団法人尾道海技学院を設立
  • 1972年4月 - 山陰事務所を設立
  • 1974年7月 - 岡山事務所を設立
  • 1981年 - 全国初の小型船舶合宿コースを開設
  • 1984年10月 - 広島事務所を設立
  • 1986年4月 - 専修学校日本海洋技術専門学校設立
  • 1989年2月 - 東京事務所を設立
  • 1994年9月 - 山口事務所を設立
  • 2007年
    • 7月 - 東京事務所を閉鎖
    • 10月 - 広島事務所を八丁堀から南吉島のボートパーク広島内に移転
  • 2011年10月 - 内閣府より認可を受け、一般財団法人尾道海技学院として登記
  • 2016年7月 - 尾道海技大学校を併設

各事務所[編集]

宿泊施設[編集]

長江寮
  • 長江寮(男性専用) - 〒722-0046 広島県尾道市長江1丁目3番24号
    • 長江寮は現在、海技士講習などの長期講習受講者が宿泊。

小型船舶操縦士講習[編集]

日本で初めて開設された小型船舶操縦合宿コースで4万人以上がこのコースで小型船舶免許を取得。 国家試験免除コース。 小型船舶免許(ボート免許)と特殊小型免許(水上オートバイ免許)を同時に最短日数で取得可能。 瀬戸内海の中でも特に一年中、穏やかな海域で実技講習が開催される。 講習開催日が多いのも特徴(毎週2回開催)

ボート免許+水上オートバイ免許
  • 1級小型+特殊小型コース(最短5日間) 
  • 2級小型+特殊小型コース(最短3日間) 
ボート免許
  • 1級小型コース(最短4日間) 
  • 2級小型コース(最短2日間) 
水上オートバイ免許
  • 特殊小型コース(最短2日間)  
1級ステップアップ
  • 1級進級コース(最短2日間)  

海技士講習[編集]

潜水士講習[編集]

潜水士受験講習 国家試験直前コース(講習4日間+国家試験 計5日間)
  • 年4回の国家試験の直前4日間で講習を行い、国家試験受験までの尾道本校コース
潜水士受験講習 土日2日間コース
  • 広島会場
  • 岡山会場
救急再圧員資格取得講習
送気員資格取得講習

関連項目[編集]