尾野弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾野弘樹
2011年 ポルトガルGP
国籍 日本の旗 日本
現在のチーム Leopard Racing
ゼッケン 76
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 Moto3クラス
活動期間2013年–2015
マニファクチャラーHonda
チャンピオン0
2014年 順位26th (5 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
17 0 0 0 0 26
ロードレース世界選手権 125ccクラス
活動期間2008年, 2011年
マニファクチャラーHonda, KTM
チャンピオン0
2011年 順位26th (8 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
5 0 0 0 0 8

尾野 弘樹 ( おの ひろき、1992年7月15日 - ) は、奈良県出身[1]オートバイレーサー

経歴[編集]

鈴鹿サーキットの地方選手権2006年シリーズチャンピオンを経て、2007年よりバトルファクトリーチームから全日本ロードレース選手権GP125クラスに参戦を開始。2008年には第5戦鈴鹿で初表彰台(2位)を獲得し[2]、年間ランキング3位となった。またこの年の日本GP125ccクラスのレースにはワイルドカード枠で参戦、24位でグランプリデビューを終えた。

2009年は第3戦オートポリスで初優勝を果たし[3]、2年連続で年間ランキング3位を記録した。また17歳以下のライダーを対象としたユースカップでは、2年ともチャンピオンとなった。

2009年の全日本閉幕後はスペインロードレース選手権(CEV)の125ccクラスに2戦スポット参戦、前年にGPで小山知良が使用したKTMのマシンを持ち込んだ尾野は、デビュー戦のヘレスでいきなり3位表彰台を獲得する活躍を見せた[4]

2010年はCEVにフル参戦する予定だったが、シーズン序盤にイタリア選手権(CIV)に鞍替えすることとなった。第2戦モンツァより名門RUMIチーム[5]でオリジナルの125ccマシンの開発を兼ねて出場[6]した尾野は、第6戦ミザノで初表彰台(3位)を獲得、年間ランキングでは5位となった[7]。またこの年の全日本ロードレース選手権J-GP3クラスには2戦スポット参戦。第2戦オートポリスは雨天で決勝中止、最終戦鈴鹿では勝利を挙げた[8]。さらにこの年のヨーロッパ各国選手権の上位陣が一堂に会し、スペインのアルバセテ・サーキットで開催されたヨーロッパ選手権レースにも参戦したが、リタイヤに終わった[9]

2011年はイタリアのカレッタ・テクノロジーチームから、ロードレース世界選手権125ccクラスに開幕戦から参戦を開始した[10]。ワークスとしては2009年シーズンをもってグランプリから撤退して開発が止まっているKTMのマシンを駆り、ウェットレースとなった第2戦スペインGPでは8位入賞を果たすなどの健闘を見せていたが、第5戦カタルニアGP以降はアレクシ・マスブーにシートを奪われてしまった[11]。だが、2012よりADC「アジアドリームカップ」に、日本代表として参戦し 翌年の2013年にはシリーズチャンピオンに輝く。2014年からは旧ヨーロッパ選手権「CEV」にteam AsiaからTSR3で参戦し、ランキング3位になる。2015年からはFIM 世界選手権Motogpのmoto3に参戦する。

主なレース戦績[編集]

全日本ロードレース選手権[12][編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント シリーズ順位
2007年 GP125 バトル&ミハラレーシング ホンダ・RS125R 6 0 0 0 19 14位
2008年 GP125 バトルファクトリー ホンダ・RS125R 6 0 1 0 70 3位
2009年 GP125 バトルファクトリー ホンダ・RS125R 6 1 3 1 77 3位
2010年 J-GP3 バトルファクトリー ホンダ・RS125R 2 1 1 0 36 16位

スペインロードレース選手権 (CEV)[13][編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント シリーズ順位
2009年 125GP B&B BATLLE FACTORY KTM・125FRR 2 0 1 0 25 16位
2010年 125GP BATLLE FACTORY KTM・125FRR 2 0 0 0 12 21位
2014年 Moto3 Honda Team Asia TSR/Honda 7 0 4 0 116 3位

イタリアロードレース選手権 (CIV)[14][編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント シリーズ順位
2010年 125GP Rumi 125GP Team RUMI 6 0 1 0 55 5位

ロードレース世界選手権[編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2008年 125cc バトルファクトリー ホンダ・RS125R 1 0 0 0 0 0 -
2011年 125cc カレッタ・テクノロジー KTM・125FRR 4 0 0 0 0 8 18位
合計 5 0 0 0 0 8

第4戦終了時点

  • 2012年 アジア ロードレース選手権 HONDA CBR250アジア・ドリーム・カップ ランキング2位。
  • 2013年 アジア ロードレース選手権 HONDA CBR250アジア・ドリーム・カップ シリーズチャンピオン。
  • 2013年 ロードレース世界選手権Moto3クラス第17戦にスポット参戦しリタイヤ。Honda Team Asiaから参戦。(テクニカルスポーツレーシング/TSR3)。
  • 2013年 スペイン選手権第6戦バレンシアにスポット参戦しRACE110位、RACE2リタイヤ。Honda Team Asiaから参戦。(テクニカルスポーツレーシング/TSR3)。
  • 2014年 CEVレプソルインターナショナル選手権 ランキング3位 Honda Team Asia・TSR/Honda
  • 2015年  ロードレース世界選手権Moto3クラス ランキング21位(LEOPARD Racing/Honda NSF250RW)
  • 2016年  ロードレース世界選手権Moto3クラス ランキング23位(Honda Team Asia/Honda NSF250RW)
  • 2017年  FIM・CEVレプソル国際選手権Moto2クラス参戦 (NTS Sportscode T.Pro/NTS-NH6)

脚注[編集]