局名告知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

局名告知(きょくめいこくち)とは、放送局放送において、自らの局名を視聴者聴取者に告知する映像・音声を流すことである。ジャンクションとも呼ばれる。

概要[編集]

総務省令無線局運用規則第138条第1項には、

地上基幹放送局及び地上一般放送局は、放送の開始及び終了に際しては、呼出符号又は呼出名称国際放送を行う地上基幹放送局にあつては、周波数及び送信方向を、テレビジョン放送を行う地上基幹放送局及びエリア放送を行う地上一般放送局にあつては、呼出符号又は呼出名称を表す文字による視覚の手段を併せて)を放送しなければならない。 — 無線局運用規則第138条第1項

また同条第2項には、

地上基幹放送局及び地上一般放送局は、放送している時間中は、毎時一回以上自局の呼出符号又は呼出名称(国際放送を行う地上基幹放送局にあつては、周波数及び送信方向を、テレビジョン放送を行う地上基幹放送局及びエリア放送を行う地上一般放送局にあつては、呼出符号又は呼出名称を表す文字による視覚の手段を併せて)を放送しなければならない。 — 無線局運用規則第138条第2項

と規定している。

前者は一般に、「オープニング(略称:OP 以下同じ)」、「クロージング(CL)」または「エンディング(ED)」と呼び、場合によっては番組表に記載される(後述)。放送休止を行わない編成状況においては行われない。

後者はクロスプログラムの時間帯に行われる。

局名告知のための放送素材は、ネットワークを通じて配信される通常の放送番組・コマーシャルメッセージ等と異なり、各放送局がそれぞれ独自に制作したもの(ローカル)である。素材は、規定された情報のほか、音楽や、何らかのシンボルを伴う映像が添えられることが多く、各局が工夫をこらせている(後述)。

告知パターン[編集]

前述の無線局運用規則第138条に基づく情報は、以下の内容である(これらを「ステーションID」「局ID」と呼ぶ場合がある)。

これに以下の情報が加わる場合がある。

  • 放送の開始ないし終了を宣言するアナウンス
  • 技術情報

局によって細部は異なるが、おおむね以下のようなパターンのアナウンスを行って局名を告知している。テレビの場合、アナウンスしきれない情報は字幕で補っている。

  • オープニングアナウンス例
    (テレビ)「おはようございます。JO**-(D)TV。こちらは、第*チャンネル。うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。ただいまより放送を開始いたします。」
    (AM・FM兼営ラジオ)「おはようございます。こちらは、ラジオうぃきぺでぃあです。ただいまより放送を開始いたします。ラジオうぃきぺでぃあは、JO**・○○放送局から、周波数****キロヘルツ、出力***キロワット。○○FM補完中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りします。本日もラジオうぃきぺでぃあの番組でお楽しみください。」
    (FMラジオ)「おはようございます。JO**-FM。こちらは、うぃきぺでぃあFMです。ただいまより放送を開始いたします。うぃきぺでぃあFMは、○○送信所から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワット。○○中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りします。今日も1日、うぃきぺでぃあFMとともにお過ごしください。」
  • クロスプログラムにおけるステーションIDアナウンス例
    (テレビ)「第*チャンネル、うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。」 - アナウンスに代え、字幕の表示のみの場合もある。
    (AM・FM兼営ラジオ)「お聞きの放送は、FM**.*、AM****、ラジオうぃきぺでぃあです。」 - サウンドロゴジングル)やステーションソングで代替する場合がある(ステーションソングの例にTBSラジオ文化放送ラジオ大阪ラジオ関西SBSラジオなど)。
    (FMラジオ 日本語の場合)「お聞きの放送は**.*メガヘルツ、うぃきぺでぃあFMです。」 - サウンドロゴ(ジングル)で代替する場合がある。
    (FMラジオ 英語の場合)「You are listening to Wikipedia-FM. *, *, point *.」 - JFN系列局ではJFN共通ジングルを用いている。
  • クロージングアナウンス例
    (テレビ)「JO**-(D)TV。 こちらは、第*チャンネル。うぃきぺでぃあ放送(デジタル)テレビジョンです。これをもちまして、うぃきぺでぃあテレビの放送を終了いたします。おやすみなさい。」
    (AM・FM兼営ラジオ)「皆さまお聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。これから、朝*時**分まで放送をお休みさせていただきます。ラジオうぃきぺでぃあは、JO**・○○放送局から、周波数****キロヘルツ、出力***キロワット。○○FM補完中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りしました。どちらさまも、火の元・戸締まりをもう一度ご確認いただき、ごゆっくりお休みください。お聞きの放送は、ラジオうぃきぺでぃあです。」
    (FMラジオ 日本語の場合)「お聞きの放送は、うぃきぺでぃあFMです。放送機器整備のため、しばらく放送を休止いたします。うぃきぺでぃあFMは、○○送信所から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワット。○○中継局から、周波数**.*メガヘルツ、出力***ワットでお送りしました。午前*時**分から放送を再開いたします。今日も1日、うぃきぺでぃあFMをお聞きいただき、ありがとうございました。JO**-FM。JO**-FM。」

無線局運用規則第138条第1項但書の適用を受けた放送局は、呼出符号・呼出名称を省略した局名告知ができる。実例として南海放送のテレビ放送では、アナログテレビ放送の時から呼出符号を省略し[1][2]、放送局名だけを放送している(アナウンスは「南海放送です」だけである)。

この他の実例は後述。

実例[編集]

日本における実例を示す(具体的な内容は各局異なるのでそれぞれの項目を参照)。

番組表での局名告知の扱い[編集]

一般向け番組表に「オープニング」「放送開始」・「クロージング」「エンディング」「放送終了」という番組タイトル扱いで表記されている場合がある[3]。その場合の表記時刻はジャンクション素材の開始時刻である。静岡第一テレビは「局名告知」を番組表に用いている[4]

山口放送ラジオでは、1日の最終番組終了後の局名告知枠を『お休みメモ』という一つの独立した番組に見立てている[5](過去はテレビも「おやすみメモ」として放送していた)。

テレビ[編集]

テレビ局の局名告知における映像素材には、放送局舎、放送局の所在する都市の空撮や地域の名所、局のマスコットキャラクターアニメーションなどが使われることが多く、地域色の強いものとなっている。映像は、実写の場合を含め、必ずしもその時点の実際の放送開始・終了時刻のものではない。

放送免許の取得時および更新時にジャンクションを所管官庁(旧郵政省および現在の総務省)に届け出なければならないため、同じ映像や音楽をかなり長期にわたって(場合によっては開局当初から)使用するケースがみられる。その代表例に日本テレビの「鳩の休日」がある。他にも、テレビ埼玉のクロージングでは1979年4月1日の開局当時から2005年11月30日までの26年間にわたり同じ映像(アニメーション)を使い続けていたが、デジタル放送開始に伴い変更した。これらのジャンクションはあまりに長期に亘って使用されてきたために画質・音質の劣化が見られ、新しい局名ロゴが登場しているにもかかわらず放映され続けていたケースも見られた(「鳩の休日」は後に新たに作り直されたバージョンに変更)。一方で、静岡第一テレビテレビ愛知テレビユー福島のように長期使用を前提に作られたものもある(このうち、テレビ愛知は、デジタル完全移行後に終了。テレビユー福島も2011年7月24日未明をもってアナログバージョンを終了した。残る静岡第一テレビも2016年1月の愛称変更に伴い使用を終了した。)。

四季を扱わず、季節を問わず使えるもののことが多く、積雪・桜の花・マリンスポーツ・紅葉などの特定の季節を強くイメージさせる映像は少ない。草木に葉のある状態の映像が使用されることがある。

テレビにおけるOP[編集]

放送開始時は「」のイメージの爽やかさを内容とした映像・音声・音楽が多い。日の出や、放送局所在地(民間放送の地方局や独立局に多い。後述)の朝の風景などである。

放送開始時の場合、実際には日の出前で外の暗い時間に局名告知では日の出や朝の風景が放送されたり、逆に実際には太陽の高度が高いのに局名告知では日の出や朝焼けが放送される場合もある。前者は、放送開始時刻の早い場合や、実際の日の出時刻の遅い晩秋から冬などであり、後者は放送開始時刻の遅い場合や、実際の日の出時刻の早い晩春から夏などである。なお後者の場合、放送開始前のフィラーのお天気カメラの映像ではすでに屋外の明るい映像が流れることがある。

テレビにおけるCL[編集]

放送終了時は、視聴者・聴取者を安眠に促すようなイメージを提示したものに、その局を連想させる映像・音声・音楽を加えたものが多い。このイメージは、放送終了時刻が1980年代半ばまで午前0時台前後の放送局が多かった(社会が24時間体制になっていなかったほか、1974年 - 1984年頃についてはオイルショックの余波などもある)ことと関係している。1980年代末以降在京キー局は24時間放送に近い例が増え、後にNHKや地方局(特に近畿・東海地方)にも波及したので、こうした雰囲気が場違いに思えるケースもある。

アニメーションやCGで就寝を描くものもしばしば見られる。その例としては、フジテレビでかつて流されたや鳥が眠りにつく映像のほか、CBCテレビのものなどがある。テレビ朝日でもかつてパジャマを着た子供たちの映像が流されたことがある。毎日放送MBSテレビ)では猫が2度起きて寝る映像が2011年9月から使われている。中国放送はデジタル時代になってからもツキぐま☆3兄弟に就寝させている。

夜景や夜祭の映像も多用される。実際には深夜から未明ではなく宵のものも珍しくなく、ネオンサインの点灯・建物のライトアップ等が見られ、街には人通りが多く電車も運行中(最終列車前あるいは同発車映像)の映像もある。また、放送終了時刻が午前4時前後以降の場合、季節によっては実際には日の出前で外が明るい場合もある。

音楽も静かなものや荘重なものが中心となっている。『君が代』の演奏を用いた曲も多かった(かつての日本放送協会のテレビ放送、テレビ大分テレビ熊本など)。

日本放送協会(NHK)のテレビチャンネルの場合、アナログ放送時代の24時間放送が行われるようになる前は原則毎日、放送終了時に『君が代』の演奏が行われたのち、静止画によってコールサイン、親局のチャンネル数、放送局名を表示し(例:「JOAK-TV 1 NHK東京テレビジョン」「JOBB-TV 12 NHK大阪教育テレビジョン」)、アナウンスで放送局名とコールサインを伝え(例:「NHK東京テレビジョンです。JOAK-TV」)、休止に入った。各中継局のアナウンスは行われない。編成の実質24時間化(ブランケット・カバレッジ)以降は、放送休止、ないしは減力放送の入りの場合にこの方式が行われるが、地方局限定で休止する場合は省略されることもある。デジタル放送開始以降、静止画はコールサインと放送局名(例:「JOAK-DTV NHK東京デジタルテレビジョン」「JOBB-DTV NHK大阪教育デジタルテレビジョン」[6])のみの表示となっており、リモコンキーIDは省略されている。

ブランケット・カバレッジ以降についての事例はクロスプログラムの事例で後述。

テレビにおけるクロスプログラム時の局名告知[編集]

  • NHKのテレビチャンネルの場合、番組表上の日付切り替え時間に『インターミッション』と題される環境映像(総合テレビは1分程度、教育テレビは10秒程度)による時間調整を経て、ファンファーレとともに日本の国旗の映像を10秒程度流し、前述の局名告知のための静止画を流す。災害・重大事件などで特別放送体制となる場合は省略されることがある。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(「草なぎ」の「なぎ」(弓剪))が含まれています(詳細)。
  • 2008年から地上アナログ放送終了までの間、各局では局名告知の前後に草彅剛出演の地上デジタルテレビジョン放送完全移行のキャンペーンCMや、各局制作ブルーバックの「地上アナログ放送終了告知画面」を放送していた。

テレビにおける放送休止時の局名告知[編集]

  • 岐阜放送では1991年ごろ、試験電波の時間帯に、各中継局の詳細な技術情報をブルーバック字幕で30分近く放送した事例があった。

ラジオ[編集]

ラジオにおけるOP[編集]

ラジオでは、基本的に番組表の日付基点となる午前5時(局によって異なる。24時間放送を行っていない一部局[7]では放送終了時にも)にジャンクション音源を流している。

ラジオにおけるCL[編集]

月曜日の未明(番組表上の日曜日の深夜)、午前1時ないし午前2時の時報の後にジャンクション音源が流れる放送局が多い。

ラジオにおけるクロスプログラム時の局名告知[編集]

NHKのラジオ放送の場合は、午前5時の時報前、正午の時報前、午後7時の時報前において、呼出名称とコールサインのアナウンスを行う(例:「NHK東京第1放送です。JOAK」「NHK大阪第2放送です。JOBB」)。

ラジオにおける放送休止時の局名告知[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南海放送は新居浜(JOAL-TV)で独自編成の放送をする予定だったが、実際は松山(JOAF-TV)の放送を中継するだけで独自編成は行わなかったため、コールサインを同時に織り込めなかった。
  2. ^ コールサインの表示および読み上げはアナログ放送の終了時のみである。
  3. ^ 週間番組表 サンテレビ - 「オープニング」「クロージング」を表記。
  4. ^ だいいちテレビホームページ D・I Web →番組表 一部の日付のみ
  5. ^ 基本番組表(2014年9月分) KRYラジオ
  6. ^ 2011年6月以後、教育テレビは呼称の「Eテレ」を基本的に使うが、放送終了時の国歌演奏の時とコールサインのアナウンスの時は例外として従来通りの正式名を使用している
  7. ^ 日曜深夜は一部のFM局を除き、また土曜深夜も一部のAM局が深夜数時間の放送休止枠が設けられているため、その時間にも

関連項目[編集]