居宅介護支援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

居宅介護支援(きょたくかいごしえん)とは、介護保険法保険給付対象サービスのひとつ[1]である。

介護利用者が適切に介護サービスを利用できるようにするため、利用者の依頼のもと、介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアプラン(居宅介護サービス計画)を立てる。その計画に従い、サービスが提供されるようにサービス提供事業者との連絡・調整を行う。[2]

制度上「自宅(居宅)」とされる住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の利用者(入居者)も利用できる。

脚注[編集]

  1. ^ 法第46条及び第47条。
  2. ^ 法第8条第21号に定義されている。