居村眞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

居村 眞二(いむら しんじ、1949年1月6日 - 2005年9月)は、日本漫画家大阪府出身。「COM」などへの投稿を経て、1971年上京、つのだじろうのチーフアシスタントを経験した後、独立[1][2]

ウルトラシリーズコミカライズ作品の他、『紺碧の艦隊』など戦争漫画を多く描いていたが、2005年9月初頭頃[3][4]に不審死した。居村と親交のあった漫画家の飯島祐輔によれば、居村は一人暮らしだったため発見が遅れたとのことであった[3]

『紺碧の艦隊』から引き続き『新・紺碧の艦隊』を全4巻予定で執筆していたが、3巻まで発行された時に死去したため未完となっている。

作品リスト[編集]

師匠[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『南総里見八犬伝』巻末著者紹介より。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b 飯島祐輔 2006 『新旭日の艦隊』 22巻 p.192 (あとがき)
  4. ^ 飯島祐輔 2009『新・旭日の艦隊 須佐之男死闘篇 上』あとがきにも若干の言及があるが、死亡した日時についてはやはり正確には記されていない。
  5. ^ [2]