届かなかった手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文学
Lit.jpg
ポータル
各国の文学
記事総覧
出版社文芸雑誌
文学賞
作家
詩人小説家
その他作家

届かなかった手紙』(とどかなかったてがみ、英称:Address Unknown)は、1938年にクレスマン・テイラー(Kressmann Taylor)によって書かれた小説。

概要

原著はアメリカの雑誌「ストーリー」誌にて1938年に発表され反響を呼び、欧米で大ベストセラーとなったものが1939年に単行本化された。

日本では北代美和子の翻訳で2001年4月に文藝春秋より日本語翻訳版が刊行された。

内容

特徴的なのは、全編において書簡の内容のみで物語を構成している点である。

1930年代前半に親友の間でやり取りされた往復書簡の内容をそのまま映し出している。

かつてアメリカで画廊を経営して成功した2人の親友。アメリカに残ったユダヤ人と、ドイツに帰国したドイツ人。2人は絵に描いたような親友であったが、やがてナチスドイツが台頭することによって、状況が一変する。

友情が引き裂かれていく様やナチスに対するそれぞれの思惑、そして最後には届かなかった手紙へと繋がる。

政治的背景についての細かい記述は本書においては一切ないが、その分想像力が擽られる。

ナチスにより状況が一変させらける状況を、全て読み手に任せているのが特徴で、手紙の内容はシンプルであり、更には冷酷でもある。

舞台作品

今日は何の日(4月5日

もっと見る

「届かなかった手紙」のQ&A