屋代バスストップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

屋代バスストップ(やしろバスストップ)は、長野県千曲市大字雨宮の上信越自動車道上にある高速バス停留所県道392号と上信越自動車道が交差する付近にある。案内上の表記は「上信越道屋代」である。

停車する路線[編集]

屋代バスストップ

屋代スマートインターチェンジ(仮称)設置構想[編集]

屋代SIC(仮称)は、長野県千曲市が上信越自動車道坂城IC更埴JCT間にある、屋代バスストップ附近に設置を要請しているスマートインターチェンジ (SIC) である。

この構想は平成24年3月市議会において、市議からのSIC設置構想の質問に対し、近藤清一郎千曲市長(当時)が「設置に様々な課題がある」[1]として設置可能性の有無に関して研究していく趣旨の答弁をした経緯がある。

平成31年3月市議会において岡田昭雄千曲市長は施政方針演説で、国、県、ネクスコ東日本公安委員会との協議においてインターチェンジ設置場所が確定した[2]ことを答弁している。

大和ハウス工業による雨宮地区の造成「Dプロジェクト」(建設中)にも比較的近く、スマートインターチェンジが設置された場合、アクセスが格段に上する可能性がある。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 会議録検索システム”. ssp.kaigiroku.net. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ 平成31年度施政方針演説(3月議会) | 千曲市”. www.city.chikuma.lg.jp. 2019年8月20日閲覧。