屋須弘平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
屋須弘平
Juan José de Jesús Yas
Manueldejesusyas.jpg
1890年代の写真
生誕1846年
日本の旗 日本 岩手県藤沢町
死没1917年
グアテマラの旗 グアテマラ アンティグア・グアテマラ
職業写真家翻訳家

屋須 弘平(やす こうへい / Juan José de Jesús Yas / 1846年 - 1917年)は、岩手県陸奥国)で生まれ、アンティグア・グアテマラへと移住した日本人写真家である[1]。日本の写真創成期の写真家達(上野彦馬下岡蓮杖など)とは無縁に、グアテマラで写真術を習得した[2]

概要[編集]

屋須は1846年に岩手県藤沢町で生まれた[3][2]1874年神奈川県横浜市で通訳として金星観測を行った著名なメキシコン人天文学者コバルビアス率いるメキシコ科学調査隊との出会いをきっかけとして、メキシコへ渡った。その後、終の棲家となったグアテマラで写真術に興味を持ち、ドイツ人写真家バーブルガーのもとで写真を学び、1980年にグアテマラシティに自らの写真館«Fotografía Japonesa»を開いた[2]。その後すぐにアンティグア・グアテマラに移り、新しい肖像写真館を開設した。スタジオ内でグアテマラの人々を撮影したり、建築風景写真を撮影したりした[2]。熱心なキリスト教信者であり、洗礼名を「Juan José de Jesús de Yas」とした[2]。グアテマラで写真術を習得し、主にアンティグア・グアテマラで写真家としてのキャリアを築いたため、日本での写真創成期に名を残すことはなかったが、グアテマラ国内では高評価を受けている[2]

1891年にグアテマラ人のマリア・ノリエガ(María Noriega)と結婚している。

との結婚式の写真

[編集]

1917年11月29日にアンティグア・グアテマラで死去した。

遺産[編集]

屋須の死後、(1911年に書かれた)遺書を読んで、屋須の甥でやはり写真家のホセ・ドミンゴ・ノリエガが写真館を引き継いだ[4] 。ノリエガは大叔父のスタジオをグアテマラシティに移した。また、Fotografía Japonesaは今日では所在地も不明だが、屋須のすべての写真素材はグアテマラの国宝に指定されている。

関連の資料はアンティグア・グアテマラにあるメソアメリカ地域研究センターCIRMA( el Centro de Investigaciones Regionales de Mesoamérica)に所蔵されている。

http://cirma.org.gt/glifos/index.php?title=ISADG:GT-CIRMA-FG-005 アーカイブ写真 http://cirma.org.gt/glifos/index.php/ISADG:GT-CIRMA-AH-050 アーカイブ文書

脚注[編集]