屍人荘の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
屍人荘の殺人
著者 今村昌弘
イラスト 遠田志帆
発行日 2017年10月13日
発行元 東京創元社
ジャンル ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 318
次作 魔眼の匣の殺人
公式サイト tsogen.co.jp
コード ISBN 978-4-488-02555-7
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

屍人荘の殺人』(しじんそうのさつじん)は、作家・今村昌弘による日本の小説[1]。大学の映画研究会の夏合宿において、合宿先の別荘で起きた連続殺人事件に遭遇したミステリー愛好会のメンバーが生き残りを懸けて真相を追うさまを描く。第27回鮎川哲也賞受賞作品[2]

神木隆之介主演で映画化され、2019年に公開予定[3]

概要[編集]

作家・今村昌弘のデビュー作品。第27回鮎川哲也賞の選考において、選考委員(北村薫辻真先加納朋子)の満場一致で受賞が決定された[4]。ほかに「このミステリーがすごい!2018年度版」「週刊文春ミステリーベスト10」「2018 本格ミステリ・ベスト10」において第1位を獲得、そして第18回本格ミステリ大賞を受賞し、国内ミステリーランキング4冠を達成した[3]

あらすじ[編集]

神紅大学ミステリー愛好会のメンバーである葉村譲明智恭介は、女子大生の自称「探偵少女」の剣崎比留子に誘い出されて、同じ大学の映画研究会の夏合宿に参加することになった。しかし、この映画研究会はいわくつきで知られており、何かが起きることは容易に想像ができた。事実、肝試しに出かけた合宿初日の夜、思いも寄らぬ事態が発生し、葉村たちは合宿先である紫湛荘に立てこもらざるを得ない事態になってしまう。翌朝、紫湛荘の一室において映画研究会のメンバーの1人が他殺体となって発見された。恐怖に怯える学生たちだが、これはこれから起きる連続殺人事件の始まりにすぎなかった。果たして、葉村、明智そして剣崎はこの連続殺人事件の真相を突き止めることができるのか。

登場人物[編集]

葉村譲
神紅大学ミステリー愛好会のメンバー。
明智恭介
神紅大学ミステリー愛好会の会長。
剣崎比留子
女子大生。葉村と明智を映画研究会の夏合宿に誘う。自称「探偵少女」。

書誌情報[編集]

  • 今村昌弘 / 著 遠田志帆 / イラスト 『屍人荘の殺人』、東京創元社、2017年10月13日発売、ISBN 978-4-488-02555-7  

映画[編集]

屍人荘の殺人
監督 木村ひさし
脚本 蒔田光治
原作 今村昌弘「屍人荘の殺人」
出演者 神木隆之介
浜辺美波
葉山奨之
矢本悠馬
佐久間由衣
山田杏奈
大関れいか
福本莉子
塚地武雅
ふせえり
池田鉄洋
古川雄輝
柄本時生
中村倫也
音楽 Tangerine House
制作会社 東宝映画
ドラゴンフライエンタテインメント
製作会社 「屍人荘の殺人」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2019年12月13日(予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年12月13日に全国公開予定[5]。監督は木村ひさし、主演は神木隆之介[6]

キャスト[編集]

葉村譲
演 - 神木隆之介
神紅大学のミステリー愛好会のメンバー。ミステリー小説オタクなのだが、その推理力は正直優れているとは言い難い。
剣崎比留子
演 - 浜辺美波[6]
葉村と明智を神紅大学のロックフェス研究会の合宿に誘う謎の女子大生。
進藤歩
演 - 葉山奨之[7]
重本充
演 - 矢本悠馬[7]
名張純江
演 - 佐久間由衣
静原美冬
演 - 山田杏奈[7]
下松孝子
演 - 大関れいか
星川麗花
演 - 福本莉子
出目飛雄
演 - 塚地武雅
高木凛
演 - ふせえり
菅野唯人
演 - 池田鉄洋
立浪波流也
演 - 古川雄輝
七宮兼光
演 - 柄本時生
明智恭介
演 - 中村倫也[6]
神紅大学のミステリー愛好会の会長。事件の匂いがすると何かと首を突っ込みがち。

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  • 合宿を行うサークルが異なる(原作:映画研究会[1]、映画:ロックフェス研究会[8])。

脚注[編集]

[ヘルプ]