山上宗二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

山上 宗二(やまのうえ そうじ、天文13年(1544年) - 天正18年4月11日1590年5月19日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけてのの豪商(町衆)、茶人。なお忌日は2月27日(新暦になおすと4月1日)という説もある。屋号は薩摩、号は瓢庵。本姓は石川氏。子は山上道七。

経歴[編集]

千利休に20年間茶の湯を学んだ高弟であり、利休に同行して茶会に出席している様子が当時の茶会記から確認される。茶匠としては豊臣秀吉に仕えていた。織田信長にも仕えたという説もある。

天正12年(1584年)に理非曲直の発言で秀吉の怒りを買い、浪人する。この後に前田利家に仕えるようになるが、天正14年(1586年)にも再び秀吉を怒らせたため高野山へ逃れ、天正16年(1588年)頃から自筆の秘伝書『山上宗二記[1]写本を諸方に授けている。その後は小田原に下って北条氏に仕えた。

天正18年(1590年)の秀吉による北条氏攻め、いわゆる「小田原征伐」の際には当初、小田原城に籠城する北条勢と共にあったが、包囲が始まって数日後の4月8日、茶道を通して交友があった皆川広照が手勢と共に城を抜けて秀吉の包囲軍に投降する際、宗二も同行した。

4月10日に利休の仲裁により秀吉との面会が叶った。秀吉は宗二を赦免し再登用しようとしたが、茶席において仕えていた北条幻庵に義理立てしたため秀吉の怒りを買ったとされ、耳と鼻を削がれた上で打ち首にされた。享年46。箱根湯本の早雲寺に追善碑がある。

茶道史においては、天正年間の堺衆の茶の湯の基本史料となっている『山上宗二記』(その茶湯者覚悟十躰に「一期に一度」とある)の筆者として重要である。ただ利休の急激な侘びへの傾斜には戸惑いを隠さず「山を谷、西を東と茶湯の法度を破り、物を自由にす」と批判とも取れる見解を書き残している。著書は、他に『茶器名物集』『茶の湯珍書』などがある。

参考文献[編集]

  • 桑田忠親『山上宗二記の研究』(1957年5月、河原書店)ISBN 978-4761100582
  • 筒井紘一『山上宗二記を読む』(1987年5月1日、淡交社)ISBN 978-4473009975
  • 中田善明『利休と山上宗二』(1990年4月、京都書院)ISBN 978-4763640420
  • 風柳祐生子『茶聖山上宗二』(1993年4月1日、三一書房)ISBN 978-4380932199
  • 水野聡『山上宗二記―現代語全文完訳』(2006年6月1日、能文社)ISBN 978-4990405823
  • 熊倉功夫『山上宗二記―付・茶話指月集』(2006年6月16日、岩波書店)ISBN 978-4003305119
  • 神津朝夫『山上宗二記入門―茶の湯秘伝書と茶人宗二』(2007年9月1日、角川学芸出版)ISBN 978-4046211200
  • 火坂雅志『豪快茶人伝』(2008年1月25日、角川学芸出版)ISBN 978-4044078010
  • 神津朝夫『茶の湯の歴史』(2009年11月10日、角川学芸出版)ISBN 978-4047034556
  • 田中仙堂『茶の湯名言集 ビギナーズ 日本の思想』(2010年6月25日、角川学芸出版)ISBN 978-4044072148
  • 筒井紘一『利休の茶会』(2015年5月22日、角川学芸出版)ISBN 978-4047035577
  • 竹内順一『山上宗二記(現代語でさらりと読む 茶の古典)』(2018年2月2日、淡交社)ISBN 978-4473037879

脚注[編集]

  1. ^ 近年の刊行では、熊倉功夫校注「山上宗二記」(岩波文庫)と、水野聡訳「山上宗二記 現代語全文完訳」(能文社)がある。

関連項目[編集]