山下剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やました ごう
山下 剛
プロフィール
愛称 ごうたん、ごん
出身地 日本の旗 神奈川県横浜市
生年月日 (1978-08-15) 1978年8月15日(42歳)
最終学歴 早稲田大学商学部
勤務局 朝日放送テレビ
活動期間 2001年 -
ジャンル スポーツ中継
公式サイト アナウンサープロフィール 山下剛
出演番組・活動
出演中 プロ野球実況(オリックス戦・阪神戦)
出演経歴 ABCミュージックパラダイス
なるみ・八方のごきげんさん!
Monday! SPORTS - JAM
中央競馬実況
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

山下 剛(やました ごう、1978年8月15日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABC)所属のアナウンサー

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身、長野県北安曇郡池田町で育つ。早稲田大学商学部を卒業後、2001年に朝日放送へ入社した。同期のアナウンサーには武田和歌子がいる。

愛称は「ごん」。朝日放送ラジオABCミュージックパラダイス』の火曜日でパーソナリティを務めていた時期には、ゲスト出演の石川梨華(元モーニング娘。)による命名で、「ごーたん」とも呼ばれていた。

趣味は「会社にいること」。現在は、スポーツ実況(主にプロ野球・ゴルフ)や、競馬関連のラジオ番組を中心に活動している。

2008年8月に開催された北京オリンピックでは、朝日放送代表として、現地取材や男子マラソン実況中継のリポートを担当した。また、2009年から2011年までは、先輩アナウンサー・清水次郎の後任で、文化放送制作の箱根駅伝ラジオ中継にリポーターとして参加。朝日放送ラジオでも、山下のリポートが放送されていた。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • なるみ・八方のごきげんさん!2002年4月 - 2006年3月)入社後初のレギュラー番組
  • ABCミュージックパラダイス2004年4月 - 2009年6月)
  • イベント倶楽部
  • 北京オリンピック・男子マラソン実況中継(2008年8月24日、朝日放送ラジオでは放送せず)30km地点リポーター
  • 近鉄バファローズアワー(リポート)
  • 元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール(2008年度)リポーター、水曜日担当
  • 武田和歌子の野球にぴたっと。(2010年からの『ABCフレッシュアップベースボール』前座番組、実況・ベンチリポーター担当日を中心に出演)
  • スポーツにぴたっと。→ 武田和歌子のぴたっと。後半戦(2010 - 2015年度のナイターオフ番組、不定期)
  • 東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継(文化放送制作:NRNネット、2009年から2011年まで派遣)リポーター、往路・復路とも平塚中継所を担当
  • 中央競馬実況中継 - 京都競馬場阪神競馬場開催レース
  • Monday! SPORTS - JAMナビゲーター
    • 2013年4月から2016年9月までは、他のスポーツアナウンサーと交互に、全編へ出演していた。2016年10月以降は、後述する「ジョッキー・ルーム」を放送する場合に、同コーナーにのみ登場。
    • 「ジョッキー・ルーム」については、前身番組の『オン・ザ・ターフ!』時代(2005年4月)からメイン司会を務めていた。『Monday! SPORTS - JAM』の内包コーナー化後も担当を続けていたが、2020年度の上半期(春季)で出演を終了(後任は後輩アナウンサーで競馬中継の実況を経験していない横山太一)。
  • 山下剛のちょびっと(2016年2月1日 - 3日)
  • 堀江政生のほり×ナビ(2016年度のナイターオフ番組)
    • スポーツ関連のニュース・企画を放送する第1部(18時台)に不定期で出演
  • 伊藤史隆のラジオノオト(2017年度以降のナイターオフ番組)
    • 「虎バンアナウンサー」として、他のスポーツアナウンサーと交互に、2019年度まで18時台の「スポーツヘッドライン」を担当[3]
  • 柴田博のほたるまち旅行社(2020年1月26日・2月2日)
    • 先輩アナウンサーの柴田博インフルエンザへの感染に伴って1回分(2週分)の収録を休んだことに伴う代演。山下自身も収録後にインフルエンザへ感染したが、2月の阪神タイガース春季キャンプまでに体調が回復したため、キャンプの序盤から取材へ赴いている。
  • 田淵麻里奈の夜遊びはココから(2020年4月29日・5月6日)
    • パーソナリティの田淵麻里奈が体調不良で休演したことに伴って、パーソナリティ代理を担当。いずれも、『ラジオで虎バン!』に続いて出演した。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ 済美、史上初の逆転サヨナラ満塁弾 延長13回星稜下す(『朝日新聞2018年8月12日付記事)
  3. ^ 実際には、高野純一以降の後輩アナウンサーが日替わりレギュラー扱いで担当するため、山下と先輩のシニアアナウンサー・小縣裕介は不定期で出演。