山下圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山下 圭(やました けい、1971年 - )は、パイロット、元慶應義塾大学野球部の選手。

来歴・人物[編集]

1990年都立日比谷高校卒業。同高3年次の夏の甲子園都予選では、帝京前田三夫監督も認める大会屈指の好投手の一人であった兎田投手(横浜国大)らも擁するなか、都大会1回戦で都立淵江高校の前に1-3で敗退した。

六大学野球[編集]

慶大野球部入学後、大学4年次まで出番は回ってこなかったが、4年次の1993年東京六大学野球春のリーグ戦では、主に代打での出場であったが前田祐吉監督らにその打撃の非凡性と長打力を認められ、同年秋のリーグ戦から5番・レフトとしてスタメン定着。2学年下に高木大成らがいた。リーグ最終の早慶戦まで単独での首位打者にあったが最終の早慶戦ではスタメンに入り4打数1安打に終わった。

14試合出場47打数17安打 打率362 の記録は13試合出場で同率記録の明大・野村克則と並び、六大学野球1993年秋のリーグ戦では同率首位打者の記録となった。

その後[編集]

大学卒業後は日本航空に就職し、パイロットとなって野球からは離れた。