山下大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
山下 大輔
Daisuke Yamashita on March 22, 2012.jpg
DeNA二軍監督時代
(2012年3月22日、平塚球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市(現・静岡市清水区
生年月日 (1952-03-05) 1952年3月5日(69歳)
身長
体重
176 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1973年 ドラフト1位
初出場 1974年4月7日
最終出場 1987年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

山下 大輔(やました だいすけ、1952年3月5日 - )は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の元プロ野球選手内野手、右投右打)・監督コーチ解説者評論家。愛称は「大ちゃん」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

清水東高校から1970年に一般入試で慶應義塾大学商学部へ進学し、1年次の同年から正遊撃手となり、高校の2年先輩である松下勝実とクリーンアップを組み活躍する。東京六大学リーグでは、1年上の萩野友康長谷部優の両左腕エースを擁し、2年次の1971年秋季からの3連覇に3番打者として貢献。1、2年時には「鬼の榊原」と呼ばれた榊原敏一監督に「試合と同じ集中力で練習しろ」と鍛え上げられ[1]、3年次の1972年全日本大学野球選手権大会では、決勝で関大山口高志に完封され準優勝にとどまる。同年から2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、1972年の大会では2本塁打を放つ。4年次の1973年には主将を務め「慶應のプリンス」と呼ばれ、同年の春季には首位打者を獲得。リーグ通算88試合に出場し、314打数102安打、11本塁打、50打点、打率.325、首位打者1回、ベストナイン4回。

現役時代[編集]

1973年のドラフト会議を前に山下は「巨人が第一志望。在京球団でも構わない」と態度を表明していたが、その言葉通り、1番クジで1位指名した大洋ホエールズに入団。当初の背番号は20中部謙吉オーナーは山下の入団を大変喜び、秋山登ヘッドコーチの提案もあってユニフォームの色を出身地の静岡の名産にちなんだオレンジ(みかん)と緑(お茶)に変えた。これは親会社が食品会社なので食品にちなんだユニフォームにしてイメージアップを図る意味もあったが、この配色は湘南電車の色としても広く知られている。1年目の1974年は慶大の卒業試験を終えた後の2月14日にキャンプ地の静岡入りし、翌15日にはチームは休日であったが、山下1人と首脳陣でランニング、フリー打撃、ノックなどの練習が行われた[1]。その夜に山下は風邪で発熱し、キャンプインしたのも束の間、清水の実家で数日間療養することになった。この時はスポーツ紙の担当記者が実家まで見舞いに来て、「焦ることはない」など優しい言葉をかけたが、翌16日の紙面には「虚弱児・山下」と大見出しが躍るなどプロの洗礼を受けた[1]。1年目の同年から守備力は評価され、オールスターゲームに控え選手であったにも関わらずファン投票で選出されるほどの人気があったが、期待された打撃面が不安定で、米田慶三郎からレギュラーを奪うまでには至らなかった。2年目の1975年には背番号を近藤昭仁が付けていた1に変更し、遊撃のレギュラーに定着。3年目の1976年には遊撃手の守備率の当時のセ・リーグ記録を樹立し、ダイヤモンドグラブ賞を初受賞する。以後、ダイヤモンドグラブ賞は1983年まで8シーズン連続で受賞し、遊撃手としての受賞回数は2020年現在も最多記録である。当時の本拠地であった川崎球場は、狭く、汚く、巨人戦以外は客が入らず、評判が悪かった。ファウルボールが球場外周の駐車場に止めた選手の車を直撃することもあり、観客は秋頃には数十人でグラウンドから数えることができ、スタンドの最上段から隣の川崎競輪場を覗いている人もいた[1]。試合開始前に球場敷地内にあるラーメン店からおばちゃんが醤油ラーメンをロッカールームまで届けてくれたこともあり、ファンと共通の思い出の味になった[1]。若手時代には豪放磊落な先輩が多く、キャンプや遠征先では、大部屋で朝方まで麻雀が行われることもしばしばあった。煌々と明かりがつき、ジャラジャラと騒がしい中でも、布団を被って眠れるようになった[1]1977年に遊撃手連続守備機会無失策のセ・リーグ記録を樹立すると、球団が横浜に移転した1978年には自身の記録を上回る日本記録を樹立[2]。名手と讃えられた守備に比べ、打撃面は毎年2割台中盤に留まり、打点も少なかったため、中軸を担うことはなかったが、最多二塁打を2回取るなど、全盛期はチャンスメーカー的な中距離ヒッターとして起用されていた。1985年には新任の近藤貞雄監督により、高木豊と入れ替わりで二塁手へコンバートされる。1986年には一塁手であった田代富雄の故障後、三塁で拙守が目立っていたカルロス・ポンセが一塁へ回ったことから、三塁手へコンバート。1986年9月1日ヤクルト戦(横浜)では阿井英二郎から自身初で唯一のサヨナラ本塁打を放っている[3]1987年に同じ内野手の高橋雅裕の台頭でレギュラーを陥落すると、1988年のキャンプ終了後のシーズン開始直前である4月6日に、体力の限界(特に動体視力の低下)を理由に突如、現役引退を表明した。前年オフに引退を球団に相談、慰留されて現役を続行も、開幕二軍を告げられたことが引き金であったという[4]

現役引退後[編集]

引退後はTBS解説者(1989年 - 1992年)を務めたほか、文藝春秋Number」にコラムを連載。1993年、監督に就任した近藤に招聘され、横浜大洋から球団名が変更された横浜ベイスターズ一軍内野守備コーチに就任。1997年は二軍ヘッドコーチを務め、1998年には監督に就任した権藤博の指名で一軍ヘッドコーチに昇格し、38年ぶりのリーグ優勝・日本一に貢献。権藤は「深夜に呼び出しても山下は必ず来てくれて、よく愚痴を聴いてくれた」と言っており[5]、著書の中で「彼は本当にチーム内の事を熟知していた。何でも知っているし、何を聞いても答えてくれる。とにかく引き出しがたくさんあるのだ。私が監督就任一年目で日本一になれたのも、彼の力に負うところがとても多かったように思う」と記している[6]2000年駒田徳広が権藤に造反した際も駒田をフォローし、後日のインタビューで駒田に感謝されるなど人格者であったが、同年シーズン終了後に権藤と共に退任。その後はNHKメジャーリーグ中継」解説者・日刊スポーツ評論家(2001年 - 2002年)、2002年アジア競技大会野球日本代表打撃コーチを務めた。

2003年、生え抜きOBとして満を持して横浜監督へ就任する。シーズン前には友人のセルジオ越後の発案で、かつての「マシンガン打線」に代わる愛称としてチームの打線に「大ちゃんス打線」という名前が付けられる。コーチ陣はヘッドコーチに江藤省三、投手コーチに小谷正勝、バッテリーコーチに福田功を招聘し、打撃コーチは二軍から高木由一を昇格させ、前任の森祇晶時代に投手コーチの森繁和、内野守備・走塁コーチの辻発彦は留任した。現役メジャーリーガーのスティーブ・コックスを移籍金100万ドル、年俸275万ドルの3年契約で獲得し、さらにFA若田部健一、トレードで中嶋聡を獲得するなど、球団からは手厚い支援を受けたが、新加入選手は故障や不調などでことごとく戦力にならず、石井琢朗をはじめ主力選手も不振に喘いだ。一方で森時代に不振に陥っていた鈴木尚典は打率.311と復活[7]、同じく森時代は1割台の不振に陥っていた金城龍彦も.302と復活し、多村仁古木克明村田修一も揃って本塁打20本以上を打ったが[7]、投手陣と守備が早々に崩壊。チーム防御率4.80はリーグ最下位、失策114個はリーグ最低の守備率、三振数1110もリーグワーストであった[7]。チームは開幕早々に最下位に沈み、同年優勝の阪神タイガースには16連敗も喫するなど、閉幕まで最下位を独走した。成績は45勝94敗で勝率.324と、ドラフト制度導入後の横浜球団史上最低勝率を記録した。2年目の2004年も4月に単独首位に立つなど健闘したものの、徐々に調子を落としていった。更にアテネオリンピックにより三浦大輔と正捕手の相川亮二が離脱すると、ベテランの中村武志や打撃は好調ながらも経験が少ない鶴岡一成を捕手で起用せざるを得なくなり、更に投打が噛み合わなくなってしまう。シーズン最終戦まで広島東洋カープと5位を争ったが、最終戦で最下位が決定した。春先は不調だった多村を我慢強く起用し、6月以降は調子を上げ、日本人打者で球団史上初の3割、40本塁打、100打点を達成した[8]。同年オフ、任期満了で監督を退任した。

2005年には新球団東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任した田尾安志の要請で[9]、楽天初代ヘッドコーチに就任。しかし就任早々の5月にはチームの成績不振のため、二軍監督に配置転換される。フェニックスリーグでは、楽天球団初の優勝を飾る。2006年から楽天の球団編成本部長を務め、2007年末で同職を退任。2008年にはTBSニュースバードtvk解説者、再び日刊スポーツ評論家を務めた。

2009年からはロサンゼルス・ドジャース傘下ルーキーリーグチーム守備コーチに就任し、当時のチームにはディー・ゴードンらがいた。当時のゴードンは守備では華麗なプレーを好む、グラブのはめ方もいい加減と粗っぽさが目立ち、山下が「腰を落として捕ることも、足を使って送球することもできない」と回顧するほどの有り様であった。山下がコーチに在任していた2年間、早出練習では日本的な基礎に重点を置いた練習を課していたという[10][11]2010年には日本経済新聞にマイナーリーグでの日常をレポートする「米国コーチ修行奮闘記」を月に1度程度のペースで連載し[12]、この中ではマイナーリーグの環境と比較すれば日本プロ野球の二軍はまだ恵まれていると指摘したほか、「薄給でも野球をやりたい」という情熱のある若者を日本のプロ野球界は汲み上げ切れていないのではないかと述べている[13]

帰国後の2012年、日本球界では非常に珍しい、かつて一軍監督を務めた古巣・DeNA二軍監督に就任。同球団では秋山登に続いて2例目であったが、2013年限りで退任。2014年からはゼネラル・マネージャー補佐に就任したが[14]、同年シーズンオフより、再び二軍監督に就任。2015年10月1日2016年年度シーズンにおいて契約を結ばない旨通知された[15]

2016年よりNHK「メジャーリーグ中継」解説者に復帰し、同年の学生野球資格回復研修を受講した上で、2017年2月7日日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[16]2018年12月1日にはホエールズ・ベイスターズOB会の副会長に就任[17]2019年MLBオールスターゲームではホームランダービーの現地キャスターとして解説をしている最中、参加者のアレックス・ブレグマンの放ったホームランボールをマイクを持ちながら見事にキャッチした。同年10月31日、来年度よりベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)に加入する神奈川フューチャードリームスのゼネラル・マネージャーに就任することが発表された[18]。1シーズン務め、シーズン終了後の2020年11月26日に退任が発表された[19]。山下は退任発表に寄せたコメントの中で「アマチュア野球を見てみたいという気持ち」を理由に挙げている[19]

選手としての特徴[編集]

現役時代は球界屈指の守備の名手であり、1976年から8年連続でダイヤモンドグラブ賞(遊撃手部門)を受賞した。1976年7月11日から1977年4月5日まで遊撃手連続守備機会無失策「205」は当時のセ・リーグ記録であった[20]

人物[編集]

  • 1977年頃から急速に頭髪が後退し、1982年頃には後頭部に僅かに毛が残るだけの状態になってしまった。カツラメーカーからCM出演を打診されたが断っているが、代わりに出演したのが衣笠祥雄である。1980年代にアニメ映画化された「プロ野球を10倍楽しく見る方法」では、山下はあごひも付きの帽子・ヘルメット姿で描かれていた。ただ、時が流れるにつれ、煌々と光る自らの頭部をアピールポイントにするユーモアも持ち合わせるようになり、以下のような発言がある。
    • テレビカメラに向かって帽子を取り「はげましておめでとう」
    • 横浜監督就任パーティでの選手たちに対する訓話で「僕の頭のようになって欲しい。怪我(毛が)無く、明るく、輝いてほしい」
    • 風が強い日に「僕のヘアスタイルも乱れがちで…」
    • 横浜スタジアムの芝の張り替え工事の際は「ヘアースタイルが変わったようなもんでしょ?」
    • (インタビュアーから「監督のヘアースタイルは?」と聞かれ)「いや、変わんないんだけど」
    • 楽天ヘッドコーチ就任時「チームを(自分の頭で)明るくしたい」「私は(スキン)ヘッドコーチ」「昔はノーエラーの山下。今はノーヘアーの山下です」
    • 楽天編成本部長時代の2007年に頭を剃り上げたケビン・ウィットが入団会見を行った際、「彼とはセイムヘッド(同じ頭)ですが息子ではありません」
  • 主に横浜監督時に自ら盛り上げ役を率先し、チーム内の不協和音を克服している。夫人いわく「主人が人の悪口を言っているのを聞いたことがない」という明るく誠実な人柄で知られる。屋鋪要によると、現役時代の1983年の試合中、高木豊が「オレらが点をとってもピッチャーがこう打たれちゃあなぁ」とぼやいていたところ、山下が「みんな一生懸命やっているんだから、そういうことを言うな!」と高木を叱責したことがあった[21]
  • 英語が堪能で、日本ハムとのオープン戦トレイ・ヒルマン監督に英語で挨拶したことがある。ただ、ヒルマンには日本語で挨拶された。

家庭[編集]

  • 静岡に本社を置く病院・社会福祉施設向けリネンサプライ、介護用具レンタル・販売会社「ヤマシタコーポレーション」の創業家一族であり、山下自身、取締役に名を連ねている。
  • 大洋に入団して寮に入るときに兄が自分の車で山下を寮まで送った。だが、それが高級外車であったために、寮にいた関係者はあぜんとしたという。「株式会社ヤマシタ」の社長であった父親は、山下が早く野球界から足を洗って後継者である兄を助けて会社を盛り立ててくれることを2002年に亡くなるまで望んでいた。だが、父の死から半年後に古巣・横浜からの監督就任要請があると、山下はこれを引き受けたため父親との約束を果たすことができなかった。兄は2013年に亡くなり、株式会社ヤマシタは兄の長男が後を継いでいる(その際、山下本人も取締役に就任している)。
  • 妻と、子供3人(長男・長女・二男)がいる。1981年に渋谷区の自宅(斜め向かいは五月みどり邸)の庭を拡張するため1坪40万円で土地を買ったが、4年後に1坪800万円に高騰したという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 大洋 92 186 166 15 30 1 1 4 45 9 1 1 1 0 13 0 6 37 3 .181 .265 .271 .536
1975 103 257 222 28 55 12 2 3 80 10 6 4 7 2 21 2 5 37 4 .248 .324 .360 .684
1976 113 428 380 47 105 19 2 7 149 21 14 9 4 1 41 1 2 43 5 .276 .349 .392 .741
1977 105 488 423 77 110 17 3 18 187 48 6 7 12 2 49 2 2 68 6 .260 .338 .442 .780
1978 129 546 466 55 118 22 8 9 183 41 8 2 14 2 61 4 3 77 12 .253 .342 .393 .735
1979 129 530 458 59 129 24 3 12 195 53 6 4 11 6 53 4 2 63 7 .282 .355 .426 .780
1980 121 461 419 50 111 21 4 9 167 41 15 6 9 3 29 1 1 52 9 .265 .312 .399 .711
1981 130 554 490 68 136 31 1 16 217 52 6 11 9 2 51 1 2 38 10 .278 .336 .443 .779
1982 130 592 519 79 144 23 2 18 225 42 3 4 12 2 54 5 5 50 3 .277 .350 .434 .784
1983 130 575 495 73 133 33 2 11 203 36 11 4 9 2 66 7 3 42 11 .269 .357 .410 .767
1984 116 468 413 38 102 6 0 6 126 33 4 3 14 5 36 1 0 36 9 .247 .304 .305 .609
1985 99 329 293 25 82 17 0 6 117 25 3 2 8 1 26 1 1 32 6 .280 .340 .399 .739
1986 118 381 343 31 91 14 0 7 126 33 9 2 10 4 22 2 2 52 3 .265 .310 .367 .677
1987 94 196 172 12 32 5 0 3 46 11 3 3 11 1 12 1 0 15 1 .186 .238 .267 .505
通算:14年 1609 5991 5259 657 1378 245 28 129 2066 455 95 62 131 33 534 32 34 642 89 .262 .332 .393 .725
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合数 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム
チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2003年 横浜 6位 140 45 94 1 .324 42.5 192 .258 4.80 51歳
2004年 6位 138 59 76 3 .437 20.0 194 .279 4.47 52歳
通算:2年 278 104 170 4 .380 Bクラス2回

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1982年7月22日、対ヤクルトスワローズ19回戦(横浜スタジアム)、1番・遊撃手として先発出場 ※史上230人目
  • 100本塁打:1983年6月23日、対阪神タイガース13回戦(阪神甲子園球場)、7回表に野村収から左越ソロ ※史上125人目
  • 1000安打:1983年6月24日、対ヤクルトスワローズ10回戦(横浜スタジアム)、3回裏に梶間健一から右前安打 ※史上127人目
  • 1500試合出場:1986年9月24日、対ヤクルトスワローズ23回戦(明治神宮野球場)、7番・三塁手として先発出場 ※史上84人目
守備に関する記録
  • 遊撃手最高守備率 .988(1976、当時セ・リーグ最高)
  • 遊撃手連続守備機会無失策 205(1976/7/11~1977/4/5、当時セ・リーグ記録)
  • 遊撃手連続守備機会無失策 322(1977/8/28~1978/5/6、当時日本記録)
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (1974年)
  • 1 (1975年 - 1988年)
  • 80 (1993年 - 2000年)
  • 86 (2003年 - 2004年)
  • 77 (2005年)
  • 88 (2012年 - 2013年、2015年)

関連情報[編集]

著書[編集]

監修
  • 『トッププロに学ぶ野球上達テクニックバッティング』(成美堂出版、2003年5月、ISBN 4415098762)

出演番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 洗礼、思い出のラーメン、川崎球場… 大洋一筋14年の山下大輔が見たホエールズ
  2. ^ 1977年から1978年にかけて達成した遊撃手としての連続守備機会無失策記録(322機会)は、山下の後の大洋の遊撃手として活躍した高橋に更新(353、1988年 - 1989年)され、後にヤクルト池山隆寛宮本慎也中日井端弘和によって更新されている。
  3. ^ 【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.2 [1986年編] (週刊ベースボール別冊冬桜号)ベースボール・マガジン社、2019年、84頁
  4. ^ 山下大輔 華麗な守備を誇った大洋の名遊撃手/プロ野球1980年代の名選手 - 週刊ベースボールONLINE、2018年12月17日付記事
  5. ^ 永谷脩の著作より。
  6. ^ 権藤博、『教えない教え』、集英社新書、2010年、P196-197。
  7. ^ a b c 村瀬秀信著、4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史 (双葉文庫) 文庫、P102
  8. ^ HOT TOPIC グリエルらキューバ人選手が「伝説の人」と尊敬する日本人の天才打者とは - 週刊ベースボール、2020年11月1日
  9. ^ 読む野球-9回勝負-No.6、主婦の友社、P172
  10. ^ ディー・ゴードンが「日本流」野球を知る理由 日刊スポーツ、2017年2月20日
  11. ^ 「スローダウン」山下氏がディー・ゴードンに伝授 日刊スポーツ、2017年2月21日
  12. ^ 米国コーチ修行奮闘記(山下大輔)一覧”. 日本経済新聞. 2011年9月15日閲覧。
  13. ^ 米国コーチ修行奮闘記(山下大輔)「ハプニング連続でたくましく、中村君のマイナー挑戦」”. 日本経済新聞 (2010年8月4日). 2011年9月15日閲覧。
  14. ^ ゼネラルマネージャー補佐就任のお知らせ横浜DeNAベイスターズ公式サイト2013年10月17日付ニュース
  15. ^ 2016年度 ファーム監督契約について横浜DeNAベイスターズ公式サイト2015年10月1日付ニュース
  16. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  17. ^ ベイOB会、新会長に斉藤氏、米挑戦意向の筒香にエール - カナロコ 2018年12月1日記事
  18. ^ “BCリーグ神奈川に山下大輔、鈴木尚典、荒波翔氏 ベイOB3人集結”. 神奈川新聞 (Yahoo!ニュース). (2019年11月1日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000004-kana-base 2019年11月3日閲覧。 
  19. ^ a b 山下大輔GM退任のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年11月26日)
  20. ^ 322連続無失策とハマスタ名物"目玉チャーハン"… 山下大輔が語る大洋の記憶 | Full-Count
  21. ^ B・B MOOK 626 スポーツシリーズ NO.499『ホエールズ&ベイスターズ 60年の軌跡』 P32-33 ベースボール・マガジン社 2009年8月 ISBN 4583616171

関連項目[編集]