山下宏明 (国文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山下宏明(やました ひろあき、1931年8月18日[1]- )は、日本の国文学者、名古屋大学名誉教授。

略歴[編集]

神戸市生まれ。1958年神戸大学文学部国文科卒、1964年東京大学大学院国文学博士課程満期退学、86年「平家物語の生成」で文学博士金城学院大学助教授、名古屋大学教養部助教授から、文学部助教授に転じ、教授。95年定年退官、名誉教授となり、愛知淑徳大学教授を務め、2007年退職[2]。『平家物語』など中世軍記物語が専門。

著書[編集]

  • 『軍記物語と語り物文芸』塙書房 1972
  • 『平家物語研究序説』明治書院 1972
  • 『軍記物語の方法』有精堂出版 1983
  • 『平家物語の生成』明治書院 1984
  • 『平家物語の成立』名古屋大学出版会 1993
  • 『いくさ物語の語りと批評』世界思想社 1997
  • 『いくさ物語と源氏将軍』三弥井書店 2003
  • 『琵琶法師の『平家物語』と能』塙書房 2006
  • 『『平家物語』入門 琵琶法師の「平家」を読む』笠間書院 2012
  • 『『平家物語』の能・狂言を読む』汲古書院 2018

編著[編集]

  • 『平家物語の世界』編 (朝日カルチャーVブックス)大阪書籍 1985
  • 『平家物語受容と変容』 (あなたが読む平家物語) 編 有精堂出版 1993
  • 『軍記物語の生成と表現』編 和泉書院 1995
  • 『平家物語研究と批評』編 有精堂出版 1996
  • 『平家物語八坂系諸本の研究』編 三弥井書店 1997
  • 『平家物語の生成』編 (軍記文学研究叢書)汲古書院 1997
  • 『平家物語 批評と文化史』編 (軍記文学研究叢書) 汲古書院 1998
  • 『軍記語りと芸能』編 (軍記文学研究叢書) 汲古書院 2000

校注[編集]

  • 源平闘諍録と研究』編著 未刊国文資料刊行会 1963
  • 『平家物語』 (校注古典叢書) 明治書院 1975
  • 太平記』全5巻 (新潮日本古典集成) 校注 新潮社 1977-88
  • 『平家物語 八坂本』編 大学堂書店 1981
  • 『太平記 一冊で読む古典』校注 新潮社 1990
  • 『新日本古典文学大系 平家物語』梶原正昭共校注 岩波書店 1991-93 のち文庫
  • 平治物語 (中世の文学)』校注 三弥井書店 2010

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 山下宏明教授略歴・研究業績 (山下宏明教授退職記念) 愛知淑徳大学国語国文 (30), 4-9, 2007-03