山下工業研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社山下工業研究所
Ko-Ken Tool Co., Ltd.
Ko-Ken Tool logo.png
Ko-ken Tool 1988.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 山下工研、コーケン
本社所在地 日本の旗 日本
437-1402
静岡県掛川市中方656番地
設立 1946年
業種 金属製品
法人番号 3080401014695
事業内容 レンチなど工具製造
代表者 山下大介(代表取締役
外部リンク http://www.koken-tool.co.jp/
特記事項:
テンプレートを表示

株式会社山下工業研究所(やましたこうぎょうけんきゅうしょ、英語Ko-Ken Tool Co., Ltd.)は、日本工具メーカー。通称は山下工研(やましたこうけん)。英語社名やブランド名のKo-ken(コーケン)は、工研(こうけん)にちなんでいる。

概要[編集]

静岡県掛川市に本社を置き[1]工具製造を手掛けるメーカーである[2]。駆動工具専門メーカーとして、ソケットレンチソケットを主力商品としている[3]。また、アイテム数が非常に多く、215ミリメートルのソケットなどかなり特殊なものまでラインナップされている。ソケットレンチというニッチ市場において、世界的に高いシェアを占めている。

製品[編集]

創業者の山下宗一郎

山下工業研究所の製品は、工具に詳しい者の間ではよく知られており[2]、「コーケン信者」[4]と呼ばれるほどの熱烈なユーザも存在する。しかし、同社の製品は、ホームセンターのような小売店の店頭にはほとんど並ばないため、一般の消費者の目に触れる機会は少ない[4]。したがって、日本国内における知名度では、マイナーな部類に入るメーカーである[5]

一方、ヨーロッパにおいては、極めて高い評価を集めている[4][5]。国によっては、スナップオンと並ぶ高級工具メーカーとして扱われているほどである[4]。そのため、一時は同社の製品の偽物やコピー商品が出回る事態となった[4][5]フォーミュラ1日本グランプリが開催されると、海外チームのメカニックが買い漁ったといわれるほどの人気を誇る[5]。同社の国内外の販売比率をみると、日本国内が30パーセントにとどまるのに対し、国外向けは70パーセントに達している[4]

特色あるオリジナル商品として、面で捉えて力点を分散させる事により高いトルク伝達を可能とした「サーフェースソケット」や、コンピュータ組込みのエンジンルームでも安心して使える様にマグネットを使わずスチールボールを使ってボルトナットを保持する「ナットグリップソケット」、空転トルクが他社品に比べ非常に軽い「フラップ式ラチェットハンドル」がある[6]

沿革[編集]

創業者の山下宗一郎は、1889年静岡県城東郡に生まれた[4]。当時は明治の大合併のさなかであり、同年には小貫村など城東郡内の3村が合併し、佐束村(のちの掛川市)が新設された。この村が宗一郎の故郷である。1907年に上京し、東京府東京市正則英語学校に学んだ[4]。翌年にはアメリカ合衆国に渡って自動車学校を卒業し、フォード・モーターの支店長宅でメイドとなった[4][註釈 1]。メカニックや運転手などを経て、フォード・モーターへの入社が認められ、同社で6年間勤務する[4]1925年、フォード・モーターの横浜工場設立にともない、日本に帰国した[4]1927年、大阪府に進出していたゼネラルモーターズに就職するも、日米外交悪化により同社は撤退してしまう[4]1940年に山下工業研究所を設立し、太平洋戦争終結後の1946年に故郷である静岡県小笠郡佐束村で本格的に創業した[4]1969年9月からは山下米一郎が2代目の社長を務め、1979年9月からは山下昭一朗が3代目の社長を務めた[7]1999年10月、昭一朗が代表権を持ったまま会長に退くことになり、鈴木庄司が4代目の社長となった[7]2009年10月、山下大介が5代目の社長に就任した[7]

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「メイド」は一般的に女性を指すことが多く、男性が同様の職に就く場合は「ボーイ」と表記されることが多いが、『工具の本』(2005-2010総集編、学研パブリッシング2012年、45頁)では「メイド」と表記しているため、本記事ではその表記に従った。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「会社概要」『Ko-ken Tools the web - 会社案内』山下工業研究所。
  2. ^ a b 『工具の本』2005-2010総集編、学研パブリッシング2012年、44頁。
  3. ^ 『工具の本』2005-2010総集編、学研パブリッシング2012年、46頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 『工具の本』2005-2010総集編、学研パブリッシング2012年、45頁。
  5. ^ a b c d 安藤佳正「マニアの飽くなき欲望を満足させる海外でも大人気の工具セット」『All About Japan [For M All About男性ガイドが力を結集!達人がすすめる究極の逸品]オールアバウト
  6. ^ 『工具の本』2005-2010総集編、学研パブリッシング2012年、47頁。
  7. ^ a b c 「会社沿革」『Ko-ken Tools the web - 会社案内』山下工業研究所。

関連項目[編集]