山下真瑚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山下 真瑚
Mako YAMASHITA
Figure skating pictogram.svg
Photos – Junior World Championships 2018 – Ladies (Medalists) (4).jpg
2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権での山下真瑚
基本情報代表国 日本の旗 日本生年月日 (2002 -12-31) 2002年12月31日(17歳)出生地 愛知県の旗 愛知県名古屋市身長 152 cm血液型 O趣味 料理選手情報コーチ 山田満知子
樋口美穂子振付師 山田満知子
樋口美穂子所属クラブ 中京大中京高校元所属クラブ グランプリ東海週間練習時間 35開始 2009シーズンベスト 17(2018–19)ISU パーソナルベストスコア合計スコア 203.06 2018 スケートカナダショート 66.79 2018 世界ジュニア選手権フリー 136.76 2018 スケートカナダ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2018 ソフィア 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

山下 真瑚(やました まこ、英語: Mako Yamashita, 2002年12月31日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。愛知県名古屋市出身。血液型はO型2018年世界ジュニア選手権3位。

人物[編集]

中京大学付属中京高校在籍中。荒川静香イナバウアーを見て「自分もやってみたい」と思うようになり、7歳からフィギュアスケートを始めた。憧れの選手はフィギュアスケートを始めるきっかけとなった荒川であり[1]、尊敬し目標とするのは同じクラブの先輩でもある宇野昌磨である。[2]

2017-18、2018-19シーズンのフリーはオペラ蝶々夫人。「すごくきれいなので真央ちゃんが滑ると。やってみたいなと思いました。顔とか表情は真央ちゃんをお手本にしています」と蝶々夫人を選んだ理由とお手本に浅田真央を挙げている[3]

クラブの先輩でもある浅田真央宇野昌磨譲りの天然キャラでもありつっこまれることもある。[4] [5] げんさんサマーカップ2018でシニア選手として初出場し、鼻血を出しながら坂本花織、三原舞依の先輩たちを抑えて初優勝したが「練習と同じところでミスをした。優勝は回ってきた」と話すなど謙虚な性格として知られる。 平成最後の荒川静香 Friends+α 2019で憧れの荒川との対談が実現。宇野昌磨平昌オリンピックで銀メダルを取ったことによりオリンピックに出たいという思いを強くした。 「3年後、全日本で戦っていられるように、そこの場所にいて誰になるんだろうねっていう話の中に私の名前があってほしいな」と話している。 また、自分で提案したプログラム曲は樋口美穂子コーチから却下されることがほとんどだがタンゴや皆が手拍子してくれるような曲を滑りたいという。 近い目標、大きな目標は「ショーや大きな試合に出たい。今は1つ1つの試合を大事にしてしっかりとショートとフリーをまとめられるようにすること。来シーズン(2019-2020)の全日本に良い演技が持っていけるようにすること。[6]

経歴[編集]

2013年の全日本ノービス選手権(ノービスB)で3位に入賞し、2015年の全日本ノービス選手権(ノービスA)では2位に入賞。同年の全日本ジュニア選手権では9位となる。2016年プランタン杯のノービスクラスで2位にに入賞する。

2016-17シーズン、日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれた。ISUジュニアグランプリシリーズに参戦し、初戦のJGP横浜と次戦のJGPタリン杯で共に3位に入賞した。

2017-18シーズン、ISUジュニアグランプリシリーズJGPオーストリア杯では3位、JGPクロアチア杯では2位と好成績を残すも、僅差でファイナル進出とはならなかった。第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権では2位と躍進。初出場となった世界ジュニアフィギュアスケート選手権ではショート、フリーともに自己ベストを更新する会心の演技を見せ、銅メダルを獲得した。

2018-19シーズン、シニアデビューし日本スケート連盟のフィギュアスケート特別強化選手に選ばれた。ISUグランプリシリーズに参戦し初戦のスケートカナダではフリーで最終滑走の重圧はねのけエリザベータ・トゥクタミシェワエフゲニア・メドベージェワという二人の元世界女王の間に入り2位と躍進した。グランプリファイナルも期待されたが2戦目となったロステレコム杯の前に体調を崩したり靴を変えたりと不調が重なり7位で終わった。全日本フィギュアスケート選手権ではショートではジャンプのミスが相次ぎ9位。フリーの練習では調子が良くなかったものの本番のフリーでは後半の単独3回転ルッツジャンプまで完璧に演技し5位。総合6位まで上がった。

2019-2020シーズン、4回転や3アクセル習得を目指しコツをつかみかけた矢先のオフシーズン中の5月、靴が合わず両足甲を痛めた。練習が本格的に再開できたのは9月で8月に行われたサマーカップではルッツとフリップを抜かした難易度の低い構成で出場したもののジャンプのミスが相次いだ。9月のネペラメモリアルではルッツをショートで1回フリーでも1回入れる構成に変えたものの成功できず6位に終わる。10月のISUグランプリシリーズ初戦であり第1戦目のスケートアメリカで元々のルッツをショートで1回、フリーでルッツ2回、フリップ1回の構成に戻した上で挑戦という目標に立ち向かうべくフリーでコンビネーションを全部後半にするという攻めた構成にチャレンジしたもののジャンプがまったくかみ合わずショート12位、フリー11位、総合12位という過去最低の大不振に陥った。11月、2戦目であり最終戦のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会に出場。ショートで3回転ルッツ-3回転トゥーループ、2回転アクセルを綺麗に成功させ後半の3回転ループも着氷させ5位と復調。フリーは構成を変え前半に2つのコンビネーションを持ってくるなど攻めの構成ではなく安定感を選んだ構成に変えた。前半の3回転ルッツ-3回転トゥーループ、2回転アクセル、3回転ループ、3回転サルコウ-2回転トゥループ-2回転ループを綺麗に着氷。後半になり疲れからか3回転ルッツ-3回転トゥーループはスピードが落ちたまま跳びあまり高さの出ないまま着氷したためセカンドジャンプを落ち着いて2回転トゥーループに変えて着氷、今シーズン成功率の低かった3回転フリップ、最後の2回転アクセルも決めほぼノーミス演技を披露。パーソナルベストには遠く及ばなかったが今シーズンのベストを記録して総合でも5位となった。全日本フィギュアスケート選手権に向けて「たくさん曲をかけて体力をつけて、その中でさらにジャンプを跳べるような練習がしたい」と意気込みを語った。[7]

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションでは、3回転ルッツ-3回転トゥーループ-2回転トゥループや2回転半アクセル-3回転トゥーループをプログラムに取り入れている。来季は4回転サルコウの習得を目指す予定。[8] 「4回転や3回転アクセルを跳んでいかないと点数が出なくなる。今年は新しいジャンプ、新しい組み合わせのジャンプ、難しい構成挑戦していきたい。4回転の中ではサルコウトゥーループからだとは思うが得意なジャンプがルッツなのでルッツも試してみたい」と話す。[6] 3回転ルッツを得意としていてフリーでは前半に3回転ルッツ-3回転トゥーループ-2回転トゥループ、後半に3回転ルッツ-3回転トゥーループのコンビネーションを付けているが反対に3回転フリップはインサイドで踏み切らなければいけないところをフラット状態やアウトで踏み切ってしまうことがありアテンション(!)やエッジエラー(e)を取られる事がある。

山田満知子コーチに「飛距離も高さもあるジャンプを跳ぶので、真瑚のジャンプは好き」[3]「ジャンプの質が良い。私は真瑚のジャンプが好き」[9]「私が教えてきたなかでも、とにかく目立ってジャンプの能力が高い子。海外のコーチからも『すごいねジャンプ』と言われました。でも普段の練習ではもっとジャンプ高いんですよ」[8]と言わせるほど幅、高さ、流れのあるダイナミックなジャンプが持ち味で全日本フィギュアスケート選手権2018フリーでは3回転ルッツ-3回転トゥーループ-2回転トゥループでアクセル以外で全出場者中1位となる2.36の加点、後半単独3回転ルッツでも1.94の高い加点が付いた。 また、山田コーチは「平均的にフィギュアスケートに必要なものは持っている」[9]としつつも課題として「もう少しガッツ、負けん気が出て頑張ってくれると良い」ことを挙げている[10]

主な戦績[編集]

国際大会
大会/年 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20
GP NHK杯 5
GPロステレコム杯 7
GPスケートカナダ 2
GPスケートアメリカ 12
GPネペラ記念 6
CSロンバルディア杯 3
世界Jr.選手権 3
JGPクロアチア杯 2
JPG オーストリア杯 3
JGPタリン杯 3
JGP横浜 3
プランタン杯 2 N
アジアフィギュア杯 4 J 3
国内大会
全日本選手権 10 6 11
全日本ジュニア選手権 9 16 2
全日本ノービス選手権 15 3 4 2
全国中学校スケート競技会 4 2 1
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年12月19日-22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 5
66.64
16
104.11
11
170.75
2019年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 5
65.70
5
123.55
5
189.25
2019年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 12
46.21
11
96.19
12
142.40
2019年9月19日-21日 ISUチャレンジャーシリーズ ネペラ記念ブラチスラヴァ 7
55.99
6
107.55
6
163.54


2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年12月20日-24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 9
62.94
5
134.20
6
197.14
2018年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 9
51.00
7
110.22
7
161.22
2018年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダラヴァル 3
66.30
2
136.76
2
203.06
2018年9月12日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 5
55.33
3
126.89
3
182.22
2018年8月1日-5日 ISUチャレンジャーシリーズアジアフィギュア杯バンコク 6
50.97
3
112.48
3
163.45
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月5日-11日 2018年世界ジュニア選手権ソフィア 3
66.79
3
128.38
3
195.17
2017年12月21日-24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権東京 15
57.80
10
125.54
10
183.34
2017年11月24日-24日 第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権前橋 1
65.13
2
124.90
2
190.03
2017年9月27日-30日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 2
65.22
2
110.53
2
175.75
2017年8月31日-9月2日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯ザルツブルク 3
64.49
3
116.55
3
181.04
2017年8月2日-5日 2017年アジアフィギュア杯ジュニアクラス(香港 4
54.45
4
114.35
4
168.80
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年11月18日-20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌市 22
42.28
12
97.53
16
139.81
2016年9月28日-10月2日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 2
62.65
3
121.41
3
184.06
2016年9月9日-11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 2
64.86
4
117.57
3
182.43
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月11日-13日 2016年プランタン杯ノービスクラス(ルクセンブルク市 3
36.26
4
61.68
2
97.94
2015年11月21日-23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 12
51.40
9
107.81
9
159.21
2015年10月23日-25日 第19回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(西東京市  
 
2
99.91
2
99.91
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年10月24日-26日 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(高槻市  
 
14
66.26
14
66.26
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年10月25日-27日 第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(ひたちなか市  
 
3
67.00
3
67.00
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年10月26日-28日 第16回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(京都市  
 
15
57.08
15
57.08

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2019-2020 歌劇『セビリアの理髪師』より「今の歌声は」
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
振付:樋口美穂子
映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』より
作曲:トーマス・ニューマン
振付:樋口美穂子
 
2018-2019
 
歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
振付:山田満知子、樋口美穂子
ノクターン
演奏:シークレット・ガーデン
振付:山田満知子
樋口美穂子
2017-2018 ボヘミアン・ラプソディ
作曲:フレディ・マーキュリー
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
振付:山田満知子、樋口美穂子
2016-2017 ノクターン
演奏:シークレット・ガーデン
振付:山田満知子
樋口美穂子
ボヘミアン・ラプソディ
作曲:フレディ・マーキュリー
演奏:マクシム・ムルヴィツァ
振付:山田満知子、樋口美穂子
2015-2016 レイエンダ
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:山田満知子
樋口美穂子
ノクターン
演奏:シークレット・ガーデン
振付:山田満知子
樋口美穂子
レイエンダ
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:山田満知子
樋口美穂子

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ みんなのニュースONE 「舞スポーツ」 2016年11月7日放送
  2. ^ メ~テレ「スケポン」 2018年4月6日放送
  3. ^ a b メ~テレ「ドデスカ!」 2017年9月26日放送
  4. ^ https://www.daily.co.jp/general/2018/10/31/0011777384.shtml 山下真瑚、メダルは「透明だなって」GP銀の15歳は初々しさ満開
  5. ^ メ~テレ「ドデスカ!」 2019年1月24日放送
  6. ^ a b https://www.youtube.com/watch?v=7UahVXB-pjY 荒川静香Friends+@ 2019-2020 2019年4月25日放送
  7. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000055-dal-spo 山下真瑚 山田満知子コーチらから「全部跳べたじゃん」と褒め言葉
  8. ^ a b フィギュア女子山下「表彰台に乗れるなんて」豪快ジャンプで世界と戦う〈AERA〉
  9. ^ a b メ~テレ「ドデスカ!」 2016年9月20日放送
  10. ^ 東海テレビ「ニュースOne」 2018年12月17日放送