山下貴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山下 貴史
やました たかふみ
生年月日 (1952-10-24) 1952年10月24日(65歳)
出生地 日本の旗 北海道留萌市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員農林水産省
衆議院議員
現職 北海道深川市長
所属政党 自由民主党→)
無所属

当選回数 3回
在任期間 2007年1月21日[1] - 現職

選挙区 比例北海道ブロック北海道10区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月9日 - 2005年8月8日
テンプレートを表示

山下 貴史(やました たかふみ、1952年10月24日 - )は、日本政治家農林水産官僚北海道深川市長(3期)。元衆議院議員(1期)。

概要[編集]

北海道留萌市に生まれ、幌加内町で育つ。北海道深川西高等学校東京大学法学部卒業。1976年、農林省(現農林水産省)入省。本省勤務の他、在ベルギー日本大使館で一等書記官を3年間務めた。1999年、農林水産省を退官。

2000年第42回衆議院議員総選挙北海道10区から自由民主党公認で出馬したが、民主党前職の小平忠正に敗れ、落選。2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では北海道10区で再び小平に敗れたが、重複立候補していた比例北海道ブロックで復活し、初当選した。当選後、亀井派(当時)に入会。

2005年7月5日衆議院本会議における郵政民営化法案の採決では反対票を投じ、造反。このため同年9月11日第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、無所属で北海道10区から出馬。自民党は元青ヶ島村教育長飯島夕雁を擁立した。得票数は小平、山下、飯島の順で、次点の山下は落選したが、3位の飯島は比例北海道ブロックの名簿で1位に登載されていたため、比例復活により当選。

2006年深川官製談合事件により当時の深川市長だった河野順吉が逮捕され、辞職。河野の逮捕に伴い、翌2007年1月21日に実施された深川市長選挙に無所属で出馬し、初当選した。2010年12月の深川市長選挙では、山下以外に立候補を届け出た者がいなかったため、無投票により再選。

脚注[編集]

先代:
野原栄一
(助役・職務代理)
Flag of Fukagawa, Hokkaido.svg 北海道深川市長
2007年 -
次代:
(現職)