山下達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山下 達也 Football pictogram.svg
名前
愛称 タツヤ、ヤマタツ、ヤマゲ、
カタカナ ヤマシタ タツヤ
ラテン文字 YAMASHITA Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-11-07) 1987年11月7日(31歳)
出身地 兵庫県明石市
身長 182cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション DF
背番号 50
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 セレッソ大阪 16 (0)
2011 コンサドーレ札幌 37 (0)
2012-2019 セレッソ大阪 206 (10)
2019- 柏レイソル
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山下 達也(やました たつや、1987年11月7日 - )は、兵庫県明石市出身のプロサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはディフェンダー(DF)

来歴[編集]

神戸市立御影工業高等学校を経て、2006年にセレッソ大阪へ入団。入団後に公式戦への出場機会に恵まれなかったため、2011年からコンサドーレ札幌へ移籍。中心選手の一人として活躍すると、2012年には、古巣のセレッソ大阪へ完全移籍で復帰。2013年には、当時レギュラーだった藤本康太茂庭照幸が負傷で相次いで戦線を離脱したことを背景に、シーズン中盤からレギュラーに定着すると、Jリーグ優秀選手賞を獲得した。

2014年4月には日本代表候補のトレーニングキャンプに招集された[1]

2017年シーズンの後半から木本恭生との間でセンターバックの座を争っている。

2019年2月22日には、セレッソの本拠地・ヤンマースタジアム長居で催されたヴィッセル神戸との開幕戦に、センターバックとしてフル出場。Jリーグ全体のレギュラーシーズン最初の試合でもあったが、後半32分に持ち味のヘディングでシーズン初ゴールを決めた末に、1-0というスコアでチームを6年振りの開幕戦勝利に導いた。Jリーグのレギュラーシーズン開幕戦にDFとして起用された選手がシーズン1号ゴールを記録した事例は、リーグ史上初めてである[2]

2019年8月11日、J2・柏レイソルへの8月13日付での完全移籍が発表された[3]。背番号は50。

所属クラブ[編集]

アマ経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 C大阪 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 J2 7 0 - 0 0 7 0
2008 23 8 0 - 1 0 9 0
2009 1 0 - 0 0 1 0
2010 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 札幌 J2 37 0 - 0 0 37 0
2012 C大阪 J1 9 0 0 0 4 0 13 0
2013 26 3 6 0 3 1 35 4
2014 33 1 2 0 4 0 39 1
2015 J2 42 2 - 1 0 43 2
2016 39 1 - 2 0 41 1
2017 J1 26 2 2 0 1 0 29 2
2018 21 0 2 0 3 0 26 0
2019 10 1 7 0 1 1 18 2
50 J2 - -
通算 日本 J1 125 7 19 0 16 2 160 9
日本 J2 134 3 - 4 0 138 3
総通算 259 10 19 0 20 2 298 12

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 C大阪 23 8 2
2018 5 0
通算 AFC 13 2

代表歴[編集]

  • 2006年 U-19日本代表
  • 2014年 日本代表候補 

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セレッソ大阪

個人[編集]

  • Jリーグ優秀選手賞(2013年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【14/04/03】山下 達也選手、南野 拓実選手、長谷川 アーリアジャスール選手 日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー選出のお知らせ セレッソ大阪公式サイト 2014.4.3付ニュースリリース
  2. ^ C大阪 山下痛快ゴール!J史上初のDFがシーズン1号(『 スポーツニッポン』2019年2月23日付記事)
  3. ^ 山下 達也選手 移籍加入合意のお知らせ柏レイソル公式サイト 2019年8月11日