山中・大日山県立自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
富士写湖に架かる我谷吊橋

山中・大日山県立自然公園(やまなか・だいにちさんけんりつしぜんこうえん)は、石川県県立自然公園加賀市小松市にまたがる。

概要[編集]

石川県南部の山間部にある山中温泉とその背後にある我谷ダムや富士写ヶ岳、大日山一帯などを含む2,576haの自然公園である[1][2]。指定区域は、山中温泉から富士写ヶ岳にかけての地域(1,594ha)、大日山頂部一帯の地域(766ha)、千束ヶ滝等の滝や渓谷がみられる地域(192ha)、江戸時代九谷焼の窯跡がある地域(24ha)の4団地からなる[3]1967年(昭和42年)10月1日に石川県で初めての県立自然公園として指定された[4]

山中温泉に近接する鶴仙渓大聖寺川中流域にある奇岩、深淵の景勝地である。総檜造りのこおろぎ橋を起点として渓谷沿いに遊歩道が整備され四季折々の景観を眺めながら散策することができる[2][3]。富士写ヶ岳には3つの登山口がある。その一つ我谷登山口は我谷ダムのダム湖(富士写湖)に架かる我谷吊橋を渡り、2時間ほどで山頂まで登ることができる[5]。大日山の登山道は山中温泉真砂町を起点として2つの登山口があり、いずれも山頂まで約3時間ほどである。

絶滅危惧種のエチゼンダイモンジソウはこの自然公園と福井県の一部でのみ見ることができる[6]

地理[編集]

山岳[編集]

  • 大日山(1,368m)
  • 小大日山(1,198m)
  • 富士写ヶ岳(942m)

河川[編集]

観光地[編集]

アクセス[編集]

山中温泉まで

関連市町村[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「石川県自然公園一覧」石川県
  2. ^ a b 「県立自然公園」石川県
  3. ^ a b 『はくさん(第2巻第2号)』1974年6月20日 石川県白山自然保護センター
  4. ^ 「県政の主なあゆみ昭和42年~昭和43年」石川県
  5. ^ 「富士写ヶ岳」加賀市
  6. ^ 「エチゼンダイモンジソウ」いしかわレッドデータブック植物編2010 インデックス(石川県)

関連項目[編集]