山中亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山中 亮平 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1988-06-22) 1988年6月22日(31歳)
出身地 日本の旗 大阪府枚方市
身長 1.85 m (6 ft 1 in)
体重 98 kg (15 st 6 lb)
学校 東海大仰星高校
大学 早稲田大学
愛称 山ちゃん、ヤマナックス
ラグビーユニオン経歴
ポジション スタンドオフ,フルバック
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2004-2007
2007-2011
東海大仰星高校
早稲田大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2011,2013- 神戸製鋼 ()
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
2016-2017,2019- サンウルブズ 18 (5)
更新日:  2019年5月12日
国代表
チーム 出場 (得点)
2010-  日本 17 (53)
更新日:  2019年10月13日
■テンプレート

山中 亮平(やまなか りょうへい、1988年〈昭和63年〉6月22日 - )は、2019年現在トップリーグ神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属するラグビー選手。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

14歳からラグビーを始めた。

東海大仰星高校で3年時に全国高校大会優勝を果たす。早稲田大学では副将を務め、大学生ながら日本代表にも選ばれ、2010年5月8日に行われた2010年アジア5カ国対抗アラビアンガルフ戦で日本代表初キャップを獲得した[1]。なお早稲田大学時代の同級生に有田隆平坂井克行中田英里中濱寛造宮澤正利村田大志らがいる。

2011年神戸製鋼に入団。2011年ラグビーワールドカップ日本代表候補の一人であった。

2011年4月の強化合宿中に行われた薬物の抜き打ち検査で陽性反応を示す。これは育毛剤の成分が反応したと報道されている[2][3]

2011年8月10日、薬物検査陽性反応問題で、国際ラグビー評議会が山中に対し、2011年4月に遡って2年間(2013年4月)までの選手資格停止処分を決定した[4]。山中本人は「口髭を生やすために育毛剤を使用してしまった」ことを弁明した。この資格停止処分に伴い、山中は神戸製鋼コベルコスティーラーズを8月9日付で一時退団した[5]。山中自身は会社からの解雇も覚悟したが、当時GMを務めていた平尾誠二のはからいで社員として残ることはでき、復帰への希望をつないだ[6]2013年には処分期間満了にともない神戸製鋼に再入団している[7]

2015年ラグビーワールドカップ2015のバックアップメンバーに選出された[8]。また同年12月にはサンウルブズの2016年スコッドに選ばれた[9]

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[10]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ワセダ発世界へ 山中亮平、悲願の初キャップ獲得! - 早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト(2010年5月9日)
  2. ^ “山中が陽性反応 日本代表候補”. 産経新聞. (2011年6月12日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110612/oth11061214390005-n1.htm 2011年6月12日閲覧。 
  3. ^ “ラグビー代表候補が薬物陽性反応…育毛剤成分で”. 読売新聞. (2011年6月12日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20110612-OYT1T00545.htm 2011年6月12日閲覧。 
  4. ^ “口ひげに育毛剤、ラグビー山中が資格停止2年”. 読売新聞. (2011年8月10日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20110810-OYT1T00331.htm?from=main7 2011年8月10日閲覧。 
  5. ^ 退部選手をお知らせします 神戸製鋼コベルコスティーラーズオフィシャルサイト ニュースリリース 2011年8月10日告示
  6. ^ “山中亮平、“恩人”平尾誠二さん命日に南アフリカ倒す 2年間出場停止で解雇覚悟も復帰尽力”. 報知新聞. (2019年10月17日). https://hochi.news/articles/20191016-OHT1T50289.html 2019年10月18日閲覧。 
  7. ^ 2013年度 新加入(追加)選手のお知らせ 神戸製鋼コベルコスティーラーズオフィシャルサイト ニュースリリース 2013年5月1日告示
  8. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー- 日本ラグビーフットボール協会公式サイト(2015年8月31日)
  9. ^ サンウルブズで新たな歴史を 大野、堀江、山田、矢富、ピシらスコッド入り! . ラグビー共和国 (2015年12月21日). 2018年5月19日閲覧。
  10. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2019」最終登録メンバーのお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。