山中八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山中八幡宮
Yamanakahachiman3.jpg
拝殿
所在地 愛知県岡崎市舞木町宮下8
位置 北緯34度54分14.61秒
東経137度13分56.38秒
座標: 北緯34度54分14.61秒 東経137度13分56.38秒
主祭神 応神天皇比咩大神息長足姫命
創建 朱鳥14年(699年)9月9日
テンプレートを表示
入口の朱鳥居
慶取門
徳川家康が逃げ隠れた鳩ヶ窟
常夜灯
愛知県自然環境保全地域に指定された山中八幡宮の森

山中八幡宮(やまなかはちまんぐう)は、愛知県岡崎市舞木町宮下にある神社である。祭神は応神天皇比咩大神息長足姫命

歴史[編集]

当地に山中光重という人があり、朱鳥14年(699年)9月9日、宇佐八幡大神の夢のお告げで神霊を迎え、当地にを建てたのがはじめといわれる。

敷地内に「鳩ヶ窟」(はとがくつ)と呼ばれる洞窟があり、永禄6年(1563年)に起こった三河一向一揆の戦いで、徳川家康が敗れて逃げ隠れた洞窟といわれる。追手の兵がこの中を探そうとしたが、洞窟から白いが2羽飛び立ったので、追手の兵は「人のいる所に鳩などいるわけない」といって通り過ぎ、家康は難をまぬがれたといわれる。その後、この洞窟を鳩ヶ窟といい、このことにより八幡宮の山を御身隠山(おみかくしのやま)と呼ぶようになった。

慶長8年(1603年)8月26日の家康朱印状で180石を寄進された。

寛永11年(1634年)8月23日に3代将軍徳川家光上洛の際に参拝。

祭事[編集]

毎年1月3日に、五穀豊穣を祈る御田植祭「デンデンガッサリ」が行われる。田遊びの歌詞のはじめに「デェンデンガッサリヤー」という言葉があるので、この名が定着した。起源は室町時代と言われている。昭和初期までは旧暦の1月3日の夜に行われていた。

祭りの準備は、1972年(昭和47年)に設立されたデンデンガッサリ保存会により12月30日に社務所で行われる。このとき祭りで使われる60キロの大鏡餅やお供えの餅が作られる。

大鏡餅の重さに耐えかねた牛役が倒れると、人々は「丈夫な牛でも倒れるほどの豊作だ」と言って喜び合う。この牛が神前から姿を消した後、大鏡餅は手頃な大きさに切られ、見物人に対し餅投げが行われる。この餅を食べると1年間風邪をひかないという言い伝えがある[1]

2019年(令和元年)5月8日、デンデンガッサリは、令和元年度あいち文化遺産保存活用推進事業「伝統文化出張講座」の一つに選ばれた[2]。同月から5年生の児童37人はデンデンガッサリの練習を開始。同年10月12日に行われる八幡宮例大祭の演芸祭に出演し、成果を披露する予定[3][4]

文化財[編集]

以下の物件が市の文化財に指定されている[5]

指定名称 種別 指定年月日 備考
乱舞面 工芸品 1976年(昭和51年)3月31日 松平広忠が寄進した能面室町時代作といわれる。
山中八幡宮のヒメハルゼミ生息地 天然記念物 1982年(昭和57年)9月8日
山中八幡宮のクスノキ 天然記念物 1985年(昭和60年)3月6日 樹齢650年といわれる。根回り14メートル。当社の御神木
デンデンガッサリ 無形民俗文化財 1972年(昭和47年)7月5日

自然環境保全地域[編集]

2004年(平成16年)2月27日、ルリミノキ、オオフユイチゴなどの群落を有する山中八幡宮の森(5.5ヘクタール)が愛知県自然環境保全地域に指定された。丘の東側斜面の植生はツブラジイの天然生林を主とする。西側斜面はヒノキ植林地となっている[6]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、404-405頁。