山中巽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 巽
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1944-01-04) 1944年1月4日(74歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山中 巽(やまなか たつみ、1944年1月4日 - )は、日本の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身。中京商業高校では1年生の時、1959年夏の甲子園に控え投手として出場するが、1回戦で高鍋高に敗退、登板機会はなかった。この時の3年生に遊撃手石黒和弘がいた。1961年はエースとして甲子園に春夏連続出場。春の選抜は1回戦で小倉工に惜敗。夏の選手権は準々決勝で、この大会に優勝した浪商尾崎行雄と投げ合うが0-14で大敗した。当時のチームメイトには同期の江藤省三三塁手巨人他)、相羽欣厚中堅手(巨人他)、大森秀男捕手(巨人)、1年下の林俊彦投手(南海)、木俣達彦捕手中日)がいた。

1962年に中日ドラゴンズに入団。豪快なフォームから繰り出される直球を武器に、2年目の1963年には15勝(6敗)をマークし、最高勝率(.714)のタイトルを獲得。1965年にも12勝(2敗)、勝率.857で再び同タイトルを獲得するなど、権藤博の後の中日のエースとして活躍した。決め球はフォークボールを武器としており、時折、スライダー、シュートやカーブも投げた。

1968年8月24日と25日の両日、明治神宮野球場でのサンケイスワローズ戦にて連投した際には、豊田泰光に2日続けて代打サヨナラ本塁打を打たれたという珍記録を残している[1]

その後、内臓疾患を患ったことから1970年のシーズン終了後に26歳で現役を引退。引退後は球団に残りスコアラーを経てフロント入りし、営業部主任などを務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 中日 14 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 96 22.2 23 3 4 0 1 13 0 0 13 11 4.30 1.19
1963 45 26 7 3 3 15 6 -- -- .714 782 197.1 164 17 44 2 2 88 2 0 67 62 2.82 1.05
1964 30 16 2 1 0 7 7 -- -- .500 454 104.2 102 13 46 3 0 52 1 1 56 43 3.69 1.41
1965 31 22 7 0 2 12 2 -- -- .857 612 155.1 130 9 35 1 3 79 1 0 36 34 1.97 1.06
1966 34 31 9 1 1 14 12 -- -- .538 892 217.2 191 19 64 3 2 106 1 0 71 59 2.44 1.17
1967 24 22 3 1 1 5 6 -- -- .455 529 121.2 127 15 46 2 1 73 2 0 56 51 3.76 1.42
1968 41 22 6 1 1 8 8 -- -- .500 717 174.2 153 26 49 5 4 105 0 0 67 56 2.88 1.16
1969 14 9 0 0 0 0 7 -- -- .000 187 44.2 44 11 16 1 1 26 1 0 27 27 5.40 1.34
通算:8年 233 149 34 7 8 61 49 -- -- .555 4269 1038.2 934 113 304 17 14 542 8 1 393 343 2.97 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21(1962年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 【8月25日】1968年(昭43)サヨナラ男・豊田、2戦連続同じ投手から決着弾 『日めくりプロ野球-8月』スポーツニッポン 2007年8月

関連項目[編集]