山中正竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 正竹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1947-04-24) 1947年4月24日(71歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 住友金属
  • 法政大学
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2016年
得票率 85.7%(14票中12票)
選出方法 特別表彰

山中 正竹(やまなか まさたけ、1947年4月24日 - )は、元社会人野球の選手(投手)・監督

来歴・人物[編集]

大分県生まれ。大分県立佐伯鶴城高等学校では、1964年秋季九州大会で準々決勝に進むが、高鍋高牧憲二郎に完封を喫し選抜出場を逸する。翌1965年春季九州大会では決勝で小倉高安田猛に投げ勝ち優勝を飾る。しかし同年夏は県予選準決勝で高田高に敗れ甲子園には届かなかった。

法政大学に進学。1年次よりエースピッチャーとして活躍し、一年先輩の田淵幸一捕手山本浩司外野手富田勝三塁手ら「法政三羽ガラス」と共に、東京六大学リーグにおける法大の黄金時代を形成する大きな原動力となった。在学4年間で残した通算48勝は、東京六大学リーグの最多勝記録である。東京六大学リーグでは在学中3度優勝。1968年全日本大学野球選手権大会でも、決勝で駒大を降し優勝。リーグ通算80試合登板、48勝13敗、防御率1.86、230奪三振、ベストナイン2回。大学同期に江本孟紀投手、黒田正宏捕手、山田克己遊撃手大昭和製紙)、堀井和人左翼手らがいた。

大学卒業後は住友金属工業に入社し、野球部の中心選手として活躍。1970年から1976年まで7年連続で都市対抗野球大会に出場する。1970年の大会ではルーキーながら4試合に登板、チームも準決勝に進むが安田猛を擁する大昭和製紙に大敗[1]1971年大会には新日鐵広畑の補強選手として出場。全試合に先発して4勝をあげ決勝に進出、丸善石油を降しチームの優勝に貢献した[1]。この時のチームメートに佐々木恭介一塁手三沢淳投手がいる。1972年大会でも住友金属のエースとして準決勝に進出[1]、その後も社会人野球を代表する選手として活躍し、その名を轟かせた。

1976年に現役を引退し、1981年から住友金属の監督に就任。1982年には第53回都市対抗野球大会に優勝し、1983年1984年と2年連続で社会人野球日本選手権大会優勝を飾った。1984年、住友金属監督を退任。

ソウルオリンピック野球日本代表1988年)コーチとして、バルセロナオリンピック野球日本代表1992年)では監督として、二度のメダル獲得に大きく貢献している。

また、1977年より1993年まで、NHK高校野球大学野球、五輪野球競技の解説者を務めた後、1994年に母校・法政大学の監督に就任。退任する2002年までの間に、工学部教授を務めながら、六大学リーグに7度、全日本大学野球選手権大会に1度優勝(1995年)するなど、指導者としても法政黄金時代を築き上げた。山中が法大監督を務めた最終年2002年の最上級生は松坂世代後藤武敏土居龍太郎河野友軌矢野英司、その4人を含む第1回世界大学野球選手権日本代表でも監督を務め3位入賞。

2003年、前出の龍太郎や河野や日大野球部の主砲村田修一やエース堤内健が22歳の即戦力新人として加入した横浜ベイスターズの専務取締役に就任。2006年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アジア代表の技術委員を務めた。その傍らで、ドラフト制度検討委員会の委員長、セントラル野球連盟理事長などを歴任し、2010年3月末に退任した。2010年4月より法政大学特任教授に就任。第5回世界野球選手権大会、第16回広州アジア大会における野球競技の技術委員を務めた。その後富山県高等学校野球連盟のテクニカルアドバイザーを務める。

2016年1月19日、アマチュア野球発展に尽くした功績により野球殿堂表彰者(特別表彰部門)に選出された[2][3]。山中の野球殿堂入り表彰式は、同年5月28日の平成28年春季東京六大学野球リーグ戦最終節の早慶戦明治神宮野球場)第1戦の試合開始に先立ち、同じく野球殿堂表彰者の松本瀧蔵明治大学出身)と同時に執り行われ、熊崎勝彦野球殿堂博物館理事長(日本野球機構コミッショナー)から掲額レリーフなどが山中に授与された[4]

キャリア・経歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 平成28年野球殿堂入り発表 斎藤氏、工藤氏、榎本氏、松本氏、山中氏が殿堂入り 野球殿堂博物館ニュース 2016年1月18日付
  3. ^ 中日新聞』2016年1月19日朝刊27面「工藤斎藤氏ら殿堂入り 山中、故榎本、故松本氏も」
  4. ^ “松本瀧蔵氏、山中正竹氏 平成28年野球殿堂入り表彰式” (プレスリリース), 公益法人野球殿堂博物館, (2016年5月28日), http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/detail.html?id=892 2016年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]