山中賢次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山中 賢次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 (1965-02-10) 1965年2月10日(54歳)
身長
体重
183 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1982年 ドラフト6位
初出場 1988年10月2日
最終出場 1992年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山中 賢次(やまなか けんじ、1965年2月10日 - )は、徳島県徳島市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

鳴門商業高では、エースとして1982年春の選抜に出場。1回戦で大田勇治のいた鹿児島商工高と対戦するが、9回裏に逆転サヨナラ負けを喫する[1]

1982年のプロ野球ドラフト会議阪急ブレーブスから6位指名を受け入団。入団当時の背番号「20」は、郷里の大先輩である左腕投手の白石静生から引き継ぐ形に。

アンダースローからのカーブシンカーを武器にしたが、一軍登板がないまま1986年から内野手に転向。

1988年にはシーズン終盤の5試合に二塁手として先発するが、その後は出場機会が減少。1990年オフに自由契約となりヤクルトスワローズにテスト入団する。1992年限りで現役を引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 阪急
オリックス
9 15 15 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .133 .133 .133 .267
1989 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1990 6 5 4 2 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .250 .400 .250 .650
1992 ヤクルト 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:4年 20 22 20 4 3 0 0 0 3 1 1 0 1 0 1 0 0 3 0 .150 .190 .150 .340
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

記録[編集]

  • 初出場・初打席 1988年10月2日ロッテ戦(川崎) 福原に代わり二塁に就く、9回井辺の前に凡打
  • 初安打 1988年10月12日日本ハム戦(藤井寺) 9番二塁で先発、津野から中前安打

背番号[編集]

  • 20 (1983年 - 1985年)
  • 58 (1986年 - 1990年)
  • 52 (1991年 - 1992年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]