山中造船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中造船株式会社
Yamanaka Shipbuilding Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
愛媛県今治市波方町大浦甲1531番地1
設立 1967年昭和42年)12月
創業 1951年(昭和26年)5月
業種 輸送用機械器具製造業
法人番号 7500001012499
事業内容 船舶の建造・修繕
代表者 代表取締役社長 浅海 慶喜
資本金 9000万円
売上高 74億4000万円(2013年3月期)[1]
従業員数 42名
決算期 3月
外部リンク http://www.yamanaka-zousen.co.jp/
テンプレートを表示

山中造船株式会社(やまなかぞうせん、Yamanaka Shipbuilding Co., Ltd.)は日本造船メーカーである。

概要[編集]

独立系の中堅造船メーカー。内航貨物船の建造を主力としている。

1998年平成10年)に「エラ型船」と称する貨物倉の内容積を確保しつつ低燃費,航行速力を向上させる船体形状を特許(特許第2841171号)を取得している。

2001年(平成13年)に大手造船メーカが建造した船舶が受賞作品として名を連ねるなか,同社が建造したRoRo貨物船「泉翔(744 G/T)」が日本造船学会(現日本船舶海洋工学会)のShip of the Year '00を受賞している。

また,2005年(平成17年)に楢崎造船と内航貨物船建造に関する業務提携を結んでいる。

2014年3月に今治市の大島の塩田跡地に従来の約2.5倍の敷地面積となる新工場を建設し、本社・工場を今治市波方町から移転した[2]

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)- 木船,木鉄船の建造修理業を開始
  • 1962年(昭和37年)- 499 G/T型鋼船の建造を開始
  • 1967年(昭和42年)- 株式会社に改組、山中造船株式会社となる。
  • 1998年(平成10年)- 「エラ船型」の特許(特許第2841171号「貨物船における船体構造」)を取得
  • 2000年(平成12年)- 2号船台を3,030 G/Tに拡張

事業所及び建造設備[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山中造船、愛媛・大島に新造船所 大型化に対応 - 日本経済新聞(2013年6月5日)、2014年3月31日閲覧。
  2. ^ 山中造船が今治・大島に新工場 - 愛媛新聞(2014年3月10日)、2014年3月31日閲覧。