山之内仰西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山之内 仰西(やまのうち こうさい、元和5年(1619年) - 元禄11年1月26日1698年3月8日))は、江戸時代前期の治水[1]商人[2]。名は光実[1]。通称は彦左衛門[1]。屋号は山田屋[1]。仰西は号[2]

経歴・人物[編集]

伊予国浮穴郡久万町村(現在の愛媛県上浮穴郡久万高原町)の商人[1]。私財を投じて西明神村南麓の岩をうがち、入野・久万町両村に通じる水路を完成させた[1]。用水路は仰西渠とよばれた[1]。長さ57m、幅2.3m、深さ1.5mあり、下流25haの水田を潤した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『山之内仰西』 - コトバンク
  2. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『山之内仰西』 - コトバンク
  3. ^ 仰西渠|愛媛のスポット・体験|愛媛県の公式観光サイト【いよ観ネット】、2018年7月21日閲覧。