山佳駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山佳駅
新駅舎(左側)と保存される旧駅舎(右側)
新駅舎(左側)と保存される旧駅舎(右側)
山佳
シャンジャー
Shanjia
南樹林 (1.9km)
(4.4km) 鶯歌
所在地 台湾新北市樹林区中山里山佳街28号
駅番号 104
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 三等駅
所属路線 縦貫線
キロ程 44.8km(基隆起点)
電報略号 ㄕㄢ
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
#利用状況節を参照
-人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
#利用状況節を参照
-人/日
開業年月日 1901年8月25日
テンプレートを表示
山佳駅
各種表記
繁体字 山佳車站
簡体字 山佳车站
拼音 Shānjiā Chēzhàn
通用拼音 Shānjiā Chējhàn
注音符号 ㄕㄢ ㄐㄧㄚ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: シャンジャー チャーヂャン
台湾語白話字 Soaⁿ-ka (Soaⁿ-á-kha) Chhia-thâu
日本語漢音読み さんかえき
英文 Shanjia Station
テンプレートを表示
山佳駅旧駅舎
中華民国(台湾)文化資産
臺鐵山佳車站舊站房(3).jpg
旧駅舎
登録名称 山佳車站
等級 直轄市定古蹟
文化資産登録
公告時期
2002年12月6日[1]
位置 中華民国の旗 中華民国台湾
新北市樹林区山佳街28号
建設年代 1928年[1] - 1931年6月20日[2](p384)
材質 木造

山佳駅(さんかえき)は、台湾新北市樹林区にある台湾鉄路管理局縦貫線である。

駅構造[編集]

  • 島式ホーム2面4線の橋上駅である。
  • かつては単式ホーム島式ホームが各1基、各ホームの間に待避線が設置された地上駅で、ホーム間を連絡する地下道や跨線橋は無く、踏切により通行していた。
  • 2011年の新駅舎竣工に伴い、1931年建築の旧駅舎の使用は終了したが、新北市の古跡に指定され、保存されることが決定した。

利用状況[編集]

年間 1日平均
乗車 降車 乗降計 出典 乗車 乗降
1975 365,361 280,012 645,373 [注 1] 1,001 1,768
1976 317,034 251,872 568,906 866 1,554
1977 261,851 197,168 459,019 717 1,258
1978 無資料
1979 無資料
1980 502,133 446,097 948,230 [注 1] 1,372 2,591
1981 444,993 358,445 803,438 1,219 2,201
1982 443,378 348,562 791,940 1,215 2,170
1983 427,910 333,598 761,508 1,172 2,086
1984 419,381 321,153 740,534 1,146 2,023
1985 393,303 375,000 768,303 1,078 2,105
1986 372,239 372,591 744,830 1,020 2,041
1987 334,755 310,386 645,141 917 1,768
1988 334,713 303,681 638,394 915 1,744
1989 355,637 313,420 669,057 974 1,833
1990 345,306 304,286 649,592 946 1,780
1991 375,617 320,234 695,851 1,029 1,906
1992 447,600 365,177 812,777 1,223 2,221
1993 440,006 342,807 782,813 1,205 2,145
1994 468,042 407,808 875,850 1,282 2,400
1995 418,155 380,607 798,762 1,146 2,188
1996 409,740 406,062 815,802 1,120 2,229
無資料
2002 370,076 368,302 738,378 [4] 1,014 2,023
2003 394,241 351,224 745,465 1,080 2,042
2004 370,534 377,036 747,570 1,012 2,043
2005 391,486 403,905 795,391 1,073 2,179
2006 406,055 419,562 825,617 1,112 2,262
2007 406,164 417,660 823,824 1,113 2,257
2008 471,341 476,698 948,039 1,288 2,590
2009 497,615 510,750 1,008,365 1,363 2,763
2010 521,624 541,684 1,063,308 1,429 2,913
2011 573,047 576,041 1,266,032 1,757 3,469
2012 615,119 611,578 1,226,697 1,681 3,352
2013 641,335 624,697 1,266,032 1,757 3,469
2014 660,606 649,789 1,310,395 [5] 1,810 3,590
2015 668,111 656,699 1,324,810 [6] 1,830 3,630
2016 615,338 613,053 1,228,391 [7] 1,681 3,356
2017 617,441 608,830 1,226,271 [8] 1,692 3,360
2018 584,486 584,883 1,169,369 [9] 1,601 3,204

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
縦貫線
南樹林駅 - 山佳駅 - 鶯歌駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 片倉佳史『台湾に残る日本鉄道遺産』交通新聞社、2012年、178-181頁。ISBN 9784330269122。

註釈[編集]

  1. ^ a b 臺灣鐵路管理局 臺灣鐵路統計年報 民國六十四至八十五年[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c (繁体字中国語)山佳車站”. 文化部文化資産局 国家文化資産網. 2019-06-301閲覧。
  2. ^ a b c d (繁体字中国語)樹林市編審及諮詢委員會 (2010). 樹林市志. 臺北縣樹林市公所. pp. 頁383-387. ISBN 9789860245905. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_104_000060. 
  3. ^ 續修臺北縣志 卷六 經濟志 第七篇 金融 第八篇 交通”. 臺北縣政府. pp. 頁164-201. 2019年6月7日閲覧。 国家図書館
  4. ^ (繁体字中国語)102年新北市交通統計年報”. 新北市政府交通局 (2014年6月). 2019年6月30日閲覧。
  5. ^ 103年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2015年9月24日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  6. ^ 104年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2016年7月5日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  7. ^ 105年報 各站客貨運起訖量 - ウェイバックマシン(2017年8月19日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  8. ^ 106年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ 107年報各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月25日閲覧。
  10. ^ 台湾総督府鉄道部 (1911). 台湾鉄道史. 下. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 191. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/805265/110?tocOpened=1. 
  11. ^ 台湾総督府府報,1920年9月17日,2201号
  12. ^ 片倉(2012),179p
  13. ^ 台鐵山佳新站明啟用”. 台湾新生報 (2011年9月19日). 2014年7月13日閲覧。
  14. ^ 日本統治時代建造の山佳駅、かつての姿蘇る 蒸気機関車運行で祝福/台湾 2017年2月18日 フォーカス台湾
公式
旧サイト