山倉和博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山倉 和博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県大府市
生年月日 (1955-09-02) 1955年9月2日(63歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年4月1日
最終出場 1990年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

山倉 和博(やまくら かずひろ、1955年9月2日 - )は、福岡県田川市生まれ、愛知県大府市出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)・コーチ解説者評論家。現役時は意外なところで長打を打つことから「意外性の男」と称された。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東邦高校では2年次に内野手から捕手に転じ、1973年に春夏連続して甲子園大会に出場。高校時代は俊足強打で鳴らす。同年のドラフト南海ホークスから2位指名を受けるが、入団を拒否して早稲田大学に入学。この入団拒否の際、野村克也選手兼任監督の「自分の後継者になってくれ」という要請を断っている。

1年生の春からデビューし、東京六大学野球では小倉偉民佐藤清日本生命〜早大監督)、法政江川卓袴田英利と同期。盗塁王を獲得するなど俊足の捕手として鳴らし、岡田彰布・佐藤・松本匡史らと主軸を形成した。4年生時には主将を務め、ベストナイン2回獲得。リーグ通算94試合出場を果たし、300打数82安打、2本塁打、32打点、打率.273。3年生時では第5回日米大学野球選手権大会日本代表に選出された。

プロ時代[編集]

1977年のドラフト1位で読売ジャイアンツへ入団。プロ初安打が本塁打など当初から長打力のあるところを見せており、守備も平均以上であったが、打撃の確実性に欠けるのが課題であった。1982年には規定打席に到達したが、打率は最下位に達し、1割9分6厘と2割を切っている。この年の山倉を最後に日本プロ野球で「規定打席に到達して打率2割未満」の選手は現れていない。1980年から8シーズン連続で100試合以上に出場し、藤田元司(第1次)・王貞治政権下でのレギュラー捕手となった。先述の低打率も1983年よりある程度解消されており、1987年には打率.273、22本塁打の打撃成績に加え、守備でも高い評価(桑田真澄・江川・槙原寛己水野雄仁という4人の2ケタ勝利投手輩出と、抑え投手鹿取義隆の活躍に貢献)を受け、巨人の捕手としては史上初のシーズンMVPを獲得(なお、巨人の捕手としての日本シリーズでのMVP獲得は1967年森昌彦がこれに先立つ。また、その後阿部慎之助2009年に日本シリーズMVPを、2012年にシーズンMVPを、それぞれ獲得している)。1985年7月12日の対阪神戦(後楽園球場)では、史上6人目となる3イニング連続本塁打を放っている。

インサイドワーク能力について、当時評論家だった野村から配球が一本調子だと批評されたことがある。しかし、当時バッテリーを組んでいた江川卓は、「捕手には二つのタイプがある。野村さんや古田敦也みたいに、捕手の側からメニューをつくってどんどんリードしていくタイプがある。でもそういう捕手だとたぶん僕は対立したと思う。山倉はメニューを五つくらい提示して、どれでいくか投手に委ねてくれるタイプの捕手だった」といい、山倉の配球はあくまで投手中心のものだったと言っている。

1988年以降はケガや有田修三1986年)・中尾孝義1989年)の移籍加入、村田真一の台頭もあって、1990年に引退。巨人では同時に簑田浩二らも引退している。

引退後[編集]

引退後は1991年から1992年までTBSテレビTBSラジオ解説者スポーツ報知評論家を経て、1993年から1998年まで巨人の一軍バッテリーコーチ、1999年から2003年までNHK解説者を務めた。2004年からはフリーランス評論家として多方面で活動していたほか、読売新聞西部本社スポーツアドバイザーとして野球の普及活動を行っていた。2011年福岡ソフトバンクホークスの二軍バッテリーコーチに就任。高校卒業後の指名から38年を経て、コーチとしてホークスに入団。同年9月30日、「健康上の理由」で退団[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 巨人 69 145 132 10 26 3 0 3 38 9 1 2 4 0 8 0 1 25 1 .197 .248 .288 .536
1979 97 211 192 21 40 2 1 7 65 18 5 1 2 0 16 4 1 38 2 .208 .273 .339 .611
1980 127 436 399 44 98 21 3 17 176 52 3 3 5 2 28 1 2 79 14 .246 .298 .441 .739
1981 124 417 371 31 76 9 2 11 122 40 3 1 8 3 34 11 1 59 9 .205 .273 .329 .602
1982 129 445 398 27 78 14 1 7 115 39 2 1 2 6 35 10 4 55 11 .196 .268 .289 .557
1983 115 433 397 30 101 22 0 6 141 41 5 2 2 2 30 4 2 43 11 .254 .310 .355 .665
1984 114 388 340 38 82 18 0 12 136 43 1 1 1 3 41 8 3 62 12 .241 .328 .400 .728
1985 109 418 363 41 99 15 0 13 153 41 3 0 12 3 40 2 0 54 12 .273 .342 .421 .764
1986 102 326 291 26 69 12 1 8 107 36 0 2 6 4 22 6 3 63 3 .237 .294 .368 .661
1987 128 458 395 46 108 16 1 22 192 66 3 3 5 2 55 24 1 74 10 .273 .362 .486 .848
1988 58 180 153 13 26 4 0 4 41 17 1 1 7 1 19 5 0 27 5 .170 .260 .268 .528
1989 46 108 92 6 11 4 0 1 18 10 0 0 1 1 14 2 0 28 4 .120 .234 .196 .429
1990 44 101 85 6 18 3 0 2 27 14 0 0 1 1 14 1 0 13 2 .212 .320 .318 .638
通算:13年 1262 4066 3608 339 832 143 9 113 1332 426 27 17 56 28 356 78 18 620 96 .231 .301 .369 .670
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1978 69 26 18 8 .308 2
1979 96 51 34 17 .333 6
1980 125 113 65 48 .425 7
1981 124 69 40 29 .420 5
1982 129 74 47 27 .365 10
1983 115 80 46 34 .425 8
1984 114 84 55 29 .345 4
1985 107 94 74 20 .213 7
1986 102 72 51 21 .292 3
1987 127 68 50 18 .265 2
1988 57 40 27 13 .325 2
1989 45 29 20 9 .310 2
1990 43 24 16 8 .333 2
通算 1253 824 543 281 .341 60
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 3イニング連続本塁打:1985年7月12日、対阪神タイガース戦(後楽園球場)、6回から8回にかけて2ラン、ソロ、3ラン ※史上6人目[2]
  • オールスターゲーム出場:8回 (1981年 - 1987年、1990年)

背番号[編集]

  • 15 (1978年 - 1990年)
  • 76 (1993年 - 1998年)
  • 77 (2011年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『熱球悲願“意外性の男”の告白』(恒文社、1982年)ISBN 4770404816
  • 『キャッチャーになんてなるんじゃなかった!-“意外性の男”の意外な告白』(ベースボール・マガジン社、1991年)ISBN 4583028873
  • 『捕手型人間は出世する』(海鳥社、2006年)ISBN 4874155952

出演番組[編集]

TBSテレビ・TBSラジオ専属時代
NHK専属時代

脚注[編集]

  1. ^ コーチ辞任のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2011年9月30日). 2011年10月1日閲覧。
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」435ページ

関連項目[編集]